【今さら聞けない】「GTカー」ってどんな種類のクルマ?

写真拡大 (全11枚)

長距離を快適に移動することができるクルマ

高性能車やスポーツ系のクルマのカテゴリーはスーパーカー、スポーツカー、スポーティカー、スペシャリティカーなど多岐に渡るが、その中にはGTカーというカテゴリーもあり、今回はGTカーとは何か、を考えてみたい。

まずGTとは英語ならグランドツーリング、イタリア語ならグランツーリスモの頭文字で、「長距離を快適に走れるクルマ」といった意味になる。

そのため余裕あるエンジンパワー、高い静粛性や乗り心地の良さ、疲労の少なさといった快適性(充実した装備内容も含む)を備え、ハンドリングは細かいコーナーを速く曲がることよりも直進や高速コーナーでの安定性といった高いスタビリティが要求される。

長距離ドライブのなかには荷物が多い旅も含まれるだけに、乗車定員は2人でもいいけどラゲッジスペースの広さはそれなりに欲しい、といったことが条件となる。

またボディの形態に関しては厳密な決まりはないが、それなりのボディサイズの2ドア(オープンを含む)、4ドア、ステーションワゴンあたりが中心となる。

といったことを踏まえてGTカーに該当するクルマを現行車で探してみると、レクサスではRCと近々登場するLC、日産ではスカイライン、輸入車ではBMW6シリーズ、ベンツの乗用車系全般、フェラーリのカリフォルニアやGTC4ルッソ、アストンマーチン全般、ジャガーFタイプといったあたりが思い浮かぶ。

また過去の日本車であればトヨタ・ソアラやスバル・レガシィ、アルシオーネSVX、ユーノス・コスモといったところだろうか。しかしGTカーの定義は広いというか個人の裁量や好みにかなり左右されるので、極端なことを言えば前述した条件のいくつかを満たしていればGTカーの範疇に入るクルマは多いともいえる。

GTというグレード名は必ずしもGTカーを指すわけではない

ちなみにモータースポーツの世界でもGTというカテゴリーがある。これはモータースポーツのカテゴリー分けでは市販車と関係ないレーシングカーをスポーツカーと呼ぶことが多く、スポーツカーに対し市販車ベースのレーシングカーをGTと呼んでいるケースが多い。

さて、市販車に話を戻し、最近はとくに線引きが難しいGTカーとスポーツカーの違いについては、速さや運転する楽しさといった走りのためにスペースなど犠牲にする面が大きくてもいいのがスポーツカー、快適性やスペース、豪華さを犠牲にしない範囲で走りを追求するのがGTカーといったところだろうか。

また最近は減ったものの、かつてのトヨタ車ではほとんどの車にあったグレード名のGTに関しては、現在のRSのようなスポーティーなグレード名の1つくらいに思っておけば間違いないだろう。

今年はかつて日本のGTカーを代表する存在の1台であったトヨタソアラの後継車的モデルとなるレクサスLCが登場する。

ソアラのようなGTカーは90年代までの価値観であれば速さ、豪華さ、カッコよさといった現代においては「古い」と言われればそれまでかもしれないが、いかにもクルマらしい魅力を持ったカテゴリーでもあり、世界に通用するGTカーが日本から再び登場することは喜ばしい。