結婚後もラブラブな夫婦を見ると、「私も彼とあんな関係になりたい!」と思う女子も多いのでは?

でも、結婚した途端、関係がドライになってしまい、うまくいかなくなってしまう夫婦もいると聞きます。

結婚後も変わらず、仲のいいふたりでいるにはどうしたらいいのでしょうか? 今回は、結婚後も彼からずっと愛される女子の特徴をご紹介します。

 

■1:男性に理想を求め過ぎていない

いい意味で男性を当てにし過ぎないことは、大事なポイントです。女性の場合でいえば、常日頃彼から「キレイでいて!」「太ったら大変!」と言われ続けるのって、なかなかしんどいですよね。

男性もそれと同じで、「頼りたい!」「もっとちゃんとリードして!」と思われ続けるのって、特に草食系タイプには辛いものがありそうです。ですので、お互いに「こうしなきゃ!」という、理想を求めて付き合わないことです。

それこそ、多少彼が太っても「飲みすぎると体に毒だよ」と注意しつつも、多めに見てあげるとか。その方が、ふたりにとって居心地がいいのではないでしょうか。

 

■2:男性を適度に頼りにできる

男性って、プライドを気にする人が多いものです。恋人関係でいえば、彼女よりも給与が低いのを気にしたり、彼女よりも学歴が低いことを気にしたり、などですね。ですから、彼と良好な関係でいるには、こうした男性のプライドを上手に満たしてあげる必要があります。

そのためには、彼を適度に頼ることが大事。「○○がいるから、すごく助かってる」「○○がいなきゃ、私ダメだなあ……」と、あなたの代わりがいないことが彼に伝われば、男性もあなたのために頑張って尽くしたいと思うはずです。

反対に、何事も自分ひとりで判断しやってしまうと、男性は「自分がいなくても……」と気持ちが冷めてしまいかねないので、気を付けましょう。

 

■3:恋人はパートナーであることを自覚している

長らく一緒にいると、相手へのお礼や報連相を省いてしまいがちです。確かに付き合いが長くなってくると、だんだんと話すことが少なくなってきてしまいますよね。

とはいえ、相手は恋人であり、人生のパートナーです。すれ違いを防ぐためにも、些細なことでも彼に相談したり、話す時間を持ちましょう。デートの行き先を変えたり、友達に彼を紹介したり、共通の趣味を持ったりと、付き合い方を工夫してみて。

「かけがえのない恋人」と、お互いが実感し合えるよう、相手への関心を持ち続けたいですね。

 

「結婚したらどうなるんだろう……」と、不安になってしまったら、これらのポイントを意識できれば大丈夫。「仲良くやっていこう!」という意識さえ忘れなければ、結婚後もふたりは絶対にラブラブです。

【画像】

※  Kagual/shutterstock

【関連記事】

※ したくてたまらない…!男性が「お泊りデート」で楽しみにしていること4つ

※ 仲良し夫婦になるために!結婚前にすべき4つの約束事

※ 結婚にたどり着く秘訣とは。「ゴールインするカップル」の共通点

※ 結婚する前に見極めて。確実に「愛妻家」になる男性の共通点

※ 幸せを掴め。カレに「この子と結婚したい…!」と思わせる秘策4つ

※ その差ってなに…?結婚できる女・できない女の違い4つ