大量のタカが自分たちの羽を使わないで空を飛んでいる...。飛んでいることに気づいていないだろうけど。

この大量のタカが飛行機に乗っている画像は世界最大級の掲示板サイトRedditに投稿された1枚です。鳥が普通に座席を占領しています。


タカ 飛行機 2


え、何を間違ったらこうなるの?と思ってしまいますが、この画像を投稿したlensooさんは「友人の機長がこの写真を送ってきた。サウジアラビアの王族が自分の80羽のタカを乗せるために座席のチケットを購入したんだ」とその理由を説明しています。

でも、いくらチケット買ったからってタカを機内に持ち込んでいいんでしたっけ? これって中東では普通のことなの? タカたちは大丈夫なの? 他の乗客はいいの? こいつらどこ行くの?とツッコミどころが満載です。


タカ 飛行機 1


ところがRedditでこの画像を見た人からは、数年前にもこんな画像を見たことあるとの指摘も。「もしエティハド航空やエミレーツ航空、カタール航空を使うことがあれば、ファーストクラスでハヤブサと一緒に乗ってる人を見かけることができるよ」とのことです。果たして本当に頻繁に見られる光景なんでしょうか?

米Gizmodoが調べて見たところ、やはりペルシャ湾付近を航行する飛行機内では、猛禽類が一般乗客とともに乗っていることは珍しくないそう。Business InsiderやEmirates 24|7によると、アラブ首長国連邦ではタカの飼育が大流行し、2013年に国営航空会社のエティハド航空は、タカを連れての旅行を考慮した施策をとっています。

エティハド航空の公式サイトによれば

全ての必要書類をご用意いただければ、鷹を一般客室にお連れいただくことができます。 受託手荷物としてお預けいただくことも可能です。

とのこと。Atlas Obscuraによると、アラブ首長国連邦では猛禽類は一般乗客と同じように扱われており、人間と一緒にセキュリティチェックを受け、さらにはタカ用の特別なパスポートも持っているそう。GulfNewsが報じたアラブ首長国連邦政府の発表によると、2002年から2013年までに発行された猛禽類パスポートはなんと2万8000通を超えています。

わざわざパスポートまで発行するのはやりすぎじゃないかとも思えますが、実はこのパスポート、猛禽類の密輸を防ぐために2002年にワシントン条約(CITES)に基づいて作られた制度なんです。Euronewsによると、猛禽類はハンティングや競技で使うのに世界で広く人気があるようですね。



ということで、最後に機内でタカが暴れるDavie Robertsonさんが公開した動画をどうぞ。我々にとっては珍しくても、中東では猛禽類が飛行機内に乗り込むことは普通みたいです。とは言っても、80羽ものタカを連れてどこに行くんでしょうかね。降りた後も見てみたい。

もっと読む:
・広がる「ベーシック・エコノミー」料金プラン。アメリカン航空も頭上の荷物棚を有料へ
・シマシマがきれい。飛行機内から撮影されたヘンテコな雲

image: Reddit 1, 2
source: Reddit 1, 2, Etihad Airways, Davie Robertson - YouTube
参考: Business Insider, Emirates 24|7, Atlas Obscura, GulfNews

Michael Nunez - Gizmodo US[原文]
(Shun)