女探偵が教える!2回目のデートにつなげるには?

写真拡大



気になる男性にデートに誘われたときに、チャンスを絶対逃さないためにはどうしたら良いのでしょうか?そこで今回は元女探偵の筆者が2回目のデートにつなげるための方法について解説します。

■・つながらない女子:「もっと知りたい」と思えない

男性がまた誘いたいと思わない女性に共通するのが「もっとこの子を知りたい」と思える部分がないという点です。

元カレのグチや下ネタまで露骨に話しすぎたり、何でもペラペラ話しすぎると「なんか、もう全部分かっちゃったかも……」と男性はお腹いっぱいになって興味を失ってしまもの。2回目のデートにつなげるためには、「もっと知りたい」と思わせることが必要です。

■・2回目につながる女子:「シンデレラ女子」

シンデレラは舞踏会で王子様と最高に盛り上がっているときに門限を理由にさっさと帰ってしまいますよね。だからこそ「どうしてもまた会いたい」と思った王子は必死にシンデレラを探すのです。もしシンデレラがその日に王子様とエッチまでしてしまっていたら、そこまで王子は夢中になったでしょうか?なりませんよね。女子はある程度謎を秘めていたほうが、男子の追いかけたい欲をかき立てることができるものです。

■・自分が話すより「聞く」を意識して

喋りすぎないのが「また会いたい」と思わせるうえで大事なポイントですが、だからといって無口になってしまっては会話も盛り上がりませんよね。自分の話を笑顔で楽しそうに聞いてくれる女性を悪く思う男性はまず存在しません。

自分が話すよりも、彼が話しやすい雰囲気をつくることを頑張れば、好印象につながります。イメージとしては3:1くらいで彼に多めに話してもらうことを意識するとちょうど良いでしょう。

■・彼に興味を示してあげる

男性が誘うきっかけを作りやすいのは共通点がたくさんある女性です。仮に男性が「この子けっこういいな」と思っても、何かしらその思いに応えてくれそうな理由がないと思い切って誘えないことが多くあります。「じゃあ今度◯◯に行きましょう」と男性が誘いやすくするには女性からきっかけをつくってあげることも大事ですよ。彼の好きなものの話題になったときに「私もそれやってみたいです!」などと食いついてあげましょう。女性から一歩近寄ってあげるだけで格段に2回目に誘われるチャンスは増えます。「俺に興味ないんだろうな」と思わせないのが賢い女性の振る舞い方です。

■おわりに

男性が2回目のデートに誘いたいと思えるかどうかは、「もっとこの子のことを知りたい」と思える子かどうかにかかっています。1回目のデートでは喋りすぎず「もうちょっと知りたい」と思うくらいで解散するイメージが次につなげるコツです。その日に即エッチしてしまうなんてもってのほか。自分でも「もうちょっと話したいな」、と思うタイミングで切り上げて帰るくらいが追いかけられる女になるコツですよ。(上岡史奈/ライター)

(ハウコレ編集部)(新部宏美/モデル)