写真提供:マイナビニュース

写真拡大

フジテレビは、5日に東京・両国国技館で行われる『日本大相撲トーナメント 第四十一回大会』を、VR(バーチャルリアリティ)カメラで生配信する。

同局は5日(16:05〜17:20)に同大会を地上波で生放送するが、この前に放送されない「十両トーナメント戦」「相撲普及講座」「幕内土俵入り」、そして「幕内トーナメント」序盤などの模様を、11時30分から16時までVRで生配信。

VRカメラは、タマリ席1台と、東西花道1台ずつの計3台設置され、勝負審判に近い視点から観戦しているかのような臨場感が楽しめる。また、視点をユーザーが選択できることから、間近を横切る力士の表情など、実際に国技館で観戦しているような体験ができるという。

今大会は、日本出身力士として19年ぶりに昇進を果たした横綱・稀勢の里の横綱として初めての土俵入り、初取り組みが行われることでも注目を集めている。