ナムグン・ミン主演ドラマ「キム課長」視聴率13.8%で水木ドラマの1位に!

写真拡大

「キム課長」が4回目の放送で「師任堂(サイムダン)、色の日記」を抜いた。

3日、視聴率調査会社ニールセン・コリアによると、2日に韓国で放送されたKBS 2TV水木ドラマ「キム課長」の第4話は視聴率13.8%(以下、全国基準) を記録した。

これは1日、韓国で放送された第3話の12.8%より1.0%上昇した数値であり、自己最高視聴率、同時間帯の1位の記録だ。既存の自己最高視聴率は第3話の12.8%だった。

「キム課長」はイ・ヨンエの13年ぶりとなる復帰作として注目を集めたSBS水木ドラマ「師任堂、色の日記」と同日にスタートし、第3話までは同時間帯の2位を記録していた。しかし、第3話から「師任堂、色の日記」の後を猛追撃し、第4話では1位に躍り出た。

同時間帯に放送された「師任堂、色の日記」の第4話は視聴率12.3%を記録し、前回の13.0%に比べて0.7%下落して2位を記録した。

MBC水木ドラマ「ミッシングナイン」の第6話は4.8%の視聴率を記録し、1日に放送された第5話の4.8%と同率を記録した。