写真提供:マイナビニュース

写真拡大

カスペルスキーは2月2日、仮想化環境向けセキュリティ製品の最新版「Kaspersky Security for Virtualization 4.0 Agentless」の英語版を販売開始すると発表した。

同製品は、ヴイエムウェアのサーバ仮想化製品「VMware NSX」で構築されたエンドポイントとネットワークの仮想化環境をサイバー攻撃の脅威から保護するために開発された製品。セキュリティ仮想マシン(SVM)とネットワーク攻撃防御(NAB) で構成されている。

同製品では、仮想マシン(VM)ごとへの保護プログラムのインストールが不要で、SVMのみで他の各VMのアンチウイルス処理やネットワーク攻撃防御を行うことができる。

最新版では、VMware NSXとの連携によりマイクロセグメンテーションなど、仮想化ネットワークの利点を生かしたセキュリティシステムの構築および運用が可能になる。日本語版の提供よりも早く利用したいニーズに基づき、英語版で販売を開始するという。日本語版の提供時期は未定。

具体的には、VMware NSXのセキュリティタグを利用することで、セキュリティ仮想マシン(SVM)がマルウェアを検知すると自動的にVMware NSXへ通知し、VMware NSXが感染した仮想マシン(VM)をすぐに隔離するため、他のVMやネットワーク全体への感染拡大を防止するという。

販売価格は、最小構成の1CPU当たり16万円円(税別)となっている。

(辻)