「駅弁」は日本ならではの文化の1つであり、中国でも日本の駅弁の質の高さは広く知られている。写真で日中の駅弁を見比べるだけで、日本の駅弁と中国の駅弁の間に存在する「圧倒的な差」を実感することができるだろう。(イメージ写真提供:(C)Sakarin Sawasdinaka/123RF.COM)

写真拡大

 「駅弁」は日本ならではの文化の1つであり、中国でも日本の駅弁の質の高さは広く知られている。写真で日中の駅弁を見比べるだけで、日本の駅弁と中国の駅弁の間に存在する「圧倒的な差」を実感することができるだろう。

 中国メディアの今日頭条は1日、日本の駅弁と中国高速鉄道の車内販売の弁当を写真で比較する記事を掲載し、中国高速鉄道はハードこそ新幹線に負けてはいないとしながらも、「駅弁だけは完全に敗北」と論じる記事を掲載した。

 記事は、駅弁の発祥の歴史を紹介すると同時に、「日本で鉄道交通が発達すると同時に駅弁も進化を続けてきた」と指摘し、今や何と「日本には2-3000種類もの駅弁が存在し、当地の食材をふんだんに使用した駅弁は栄養も豊富で、消費者は車内にいながらにして当地の美食を堪能できる」と驚きを示した。

 さらに、日本の駅弁の写真を数多く掲載し、中国の読者に向けて「視覚」を通じてその魅力を紹介。写真を見てみると、日本の駅弁は色とりどりで品数も多く、見るからに美味しそうだ。また、弁当の製造工場では当然、衛生管理が厳格になされており、販売の際にも温度や消費期限などに対する管理もしっかり行われているため、消費者は安心して食べることが可能だ。

 一方、記事が掲載している中国の駅弁は、簡素な見た目の弁当箱のなかに3-4種類のおかずとご飯が入っているだけで、色合いの乏しさもあってお世辞にも美味しそうとは言えない。記事は日中の駅弁を比較した場合、「中国の駅弁は完全に敗北」と伝えているが、中国の駅弁を日本で販売しても、購入する人はごく少数であろうと容易に想像がつく。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:(C)Sakarin Sawasdinaka/123RF.COM)