パートやアルバイトというような非正規雇用が増え続けている現代。いわゆるフリーターと呼ばれているアルバイトやパート以外に、女性に多いのが派遣社員という働き方。「派遣社員」とは、派遣会社が雇用主となり、派遣先に就業に行く契約となり派遣先となる職種や業種もバラバラです。そのため、思ってもいないトラブルも起きがち。

自ら望んで正社員ではなく、非正規雇用を選んでいる場合もありますが、だいたいは正社員の職に就けなかったため仕方なくというケース。しかし、派遣社員のままずるずると30代、40代を迎えている女性も少なくありません。

出られるようで、出られない派遣スパイラル。派遣から正社員へとステップアップできずに、ずるずると職場を渡り歩いている「Tightrope walking(綱渡り)」ならぬ「Tightrope working」と言える派遣女子たち。「どうして正社員になれないのか」「派遣社員を選んでいるのか」を、彼女たちの証言から検証していこうと思います。

☆☆☆

今回は、都内で派遣社員として働いている鈴木由佳さん(仮名・26歳)にお話を伺いました。由佳さんは、ボリュームのあるくせ毛気味の黒髪ボブに、マスカラを塗っただけのナチュラルメイク、口元には大き目のマスクをしていました。流行りのペールトーンのピンク色セーターに、GUのガウチョパンツを合わせた着こなしは、街中でよく見かけるファッションと言えそう。薄いベージュのショルダーバッグには、miu miuの長財布が入っていました。

「ブランド物とかあまり興味がないんですよ。この財布は2年間つきあっていた彼氏がくれました。去年、別れちゃったのですがまだ使っています」

この日、由佳さんが身に着けていたマスクは、風邪や花粉症対策ではなく顔を隠すためだと言います。

「自分に自信がないというか。顔が隠れていると安心できるんですよね。あと、職場だと話しかけられずに済むというか」

会話の節々に “私ってバカなんですよ”というネガティブな言葉が出ている彼女に、どうして派遣で働いているのか聞いてみました。

静岡寄りの神奈川県で育った由佳さん。実家は和食料理を提供している料亭だと言います。

「母のしつけが怖かったんですよ。保育園に預けられていたのですが、靴を履くのが遅いとかでみんなの前でもイライラして“早く履きなさいよ”って怒鳴られたり」

両親は共働きのため、幼少期は1人で遊ぶことが多かったそう。

「集団行動が苦手でしたね。母は母で否定的なことばかり言う人で。学校の展示とかを見て“へたくそじゃない”とみんなの前で言ったり。ずっとびくびくして育ちましたね」

いわゆる”パシリ”状態だった女子大時代……

厳しい母の言いつけを守って、おとなしい子だったと言います。

「自分で決めたりしたことが、ほとんどなかったんですよ。中学も地元だし、高校は母親から“お金がかかるから公立にしろ”って言われていて。あまり低いところだと怒り出しそうだったから、中堅位の県立に進学できるよう頑張りました」

大学は、都内にある名門女子大へ進学しました。

「母親が変な共学の大学に行くなら、女子大がいいって言って。大学に受かっても、“私の方が頭が良かった”とか、“これくらいのこともできないの”って言われていましたね」

成績も中程度、サークルや部活動もせず履歴書に書けることがなかったと言う由佳さん。

「就活は全滅に近かったですね。周りがどんどん就職が決まっていって、学校に行くのが辛くなったり。学食がちょっとしたたまり場になっているので、なるべく行かないようにしていました」

母親との関係だけではなく、女子大でも周りの同級生との付き合い方が難しかったと言います。

「女子大って、共学より殺伐としていなくていいかなって思って進学したのですが、逆でしたね。自分みたいなおっとりしてるというか自己主張ができないタイプは、学校に来なくてバイトばかりしているような派手目な子に代返頼まれたり、ノートをコピーされたり。普段は全然仲が良くないのに、“ねえねえ、今度さカラオケ行こうよ”って誘われて、“いいよ”って感じで、プリントとかも貸すんですよ」

マスクをしていると精神的に安心できるため、ドラッグストアで買ったマスクを大量に常備しているとか。

「同僚からお茶に誘われるのが夢だった」という由佳さん。派遣社員として、働き始めた職場で出会ったのは怪しい〇〇? その2に続きます。