Googleの「バグ発見コンテスト」 2016年の賞金総額は3億円突破

ざっくり言うと

  • Googleの「バグ発見コンテスト」の、2016年の賞金総額が3億円を突破した
  • 59か国から350人が参加し、合計で1000以上のバグが発見
  • 1つのバグに対し、最高で10万ドルの懸賞金が支払われた例がある

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング