超ハイスペックな男が集まる婚活パーティーに潜入。理想の妻は専業主婦じゃない!?

写真拡大

「今年こそ、ハイスペック彼氏ができますように……」

 深キョン&マツコ・デラックスのCMよろしく、初詣でハイスペ男との出会いを神頼みした女子SPA!読者も多いことでしょう。では、ハイスペ男が結婚相手に求める条件とはどんなものなのか真相を探るべく、「女医×ハイスペ男」による婚活パーティーに潜入。リアルな声をリポートします。※同取材は2016年11月末に実施。

◆ハイスペ男女のモテ格差

 日曜日の19時――。街から賑わいが消えるタイミングにもかかわらず、会場であるミッドタウンそばの開放的なダイニングバー「HAVANA CAFE」に足を踏み入れると、すでに50名ほどの妙齢男女が集結していました。

 このパーティーを主催しているのは、医師を専門に転職、開業をサポートするコンサルティング会社「医師のとも」。イベント担当者によれば、

「弊社にご登録頂いている女医さんたちから『男性医師に比べ、女医は圧倒的に出会いのチャンスがない』という多数のご意見を頂き、婚活を目的としたパーティーを定期的に開催しています。今回は高級シャンパンの輸入責任者の方のレクチャー付きシャンパン飲み放題の会ですが、他にも有名シェフを招いた料理教室、男性参加者の年収を800万円以上に限定した会など、いろいろ趣向を凝らしています」

 とのこと。会場を見渡すと、セレブ感溢れる美人女医が多数。どう見てもモテそうなのに……余程性格が悪いのでは? などと妬み全開で、まずは女性陣に参加の動機を聞いてみました。すると……

・「若い頃はとにかく仕事が忙しく、恋愛する余裕がなかった。ようやく自分の時間をコントロールできるようになったと思ったら、周囲の男性はほとんどが既婚者だった」(30代・皮膚科)

・「先輩女医の既婚者の大半は、学生時代から付き合っていた人と結婚したケース。それを逃すと出会いがない。医局の男性医師には合コンのお誘いが山ほど来てるのに、私たちには誰からもお声がかからない」(20代・内科)

・「合コンや婚活パーティーで職業を言うと、ドン引きされる。衛生士さんじゃないの? と露骨に嫌がられたことがトラウマ」(30代・歯科)

・「バーテンダー、バンドマン……歴代彼氏はだめんずばかり(苦笑)。でも、そろそろちゃんとした男性と出会いたい」(40代・精神科)

 と、切実な意見が続出! ハイスペの代表格とも言える医師という肩書きが、こと女性の婚活市場においては強みにならず「足かせになることも多いので、初対面の人には職業を隠すこともある」といいます。

 事実、職業別の生涯未婚率を見ると、男性医師が2.8%なのに対し、女性医師はなんと35.9%。男女間のモテ格差が際立つ職業なのです。勤務する病院や、科によっては当直や休日出勤も当たり前、一般的なビジネスマン以上にハードワークをこなす女医たち。その対価で得る高収入が、男性のプライドを傷つけ「恋愛対象として見てもらえない」とは、同情せざるを得ません。

◆ハイスペ男は恋愛よりもビジネス?

 では、そんな女医との出会いにも積極的なハイスペ男とはどんな人たちなのでしょう。仕立ての良い、見るからに高そうなスーツを着こなす後輩を引き連れ、豪快にシャンパンをあおるグループのリーダーらしき男性に声をかけると、開口一番に

「俺たち、トランプの就任式に招待されてるんだよね」

 と、ドヤ顔。トランプばりに強気な姿勢の投資ファンド代表の勢いに、その場の誰もが圧倒されていました。唯一、帰国子女だという女医さんだけが「今後のアメリカ情勢は気になりますよね」と、優しい合いの手を入れるものの、正直、そこから恋愛に発展するような色っぽさは感じられませんでした。むしろ、他の男性参加者が即座に名刺交換を始めるなど、異業種交流会的な食いつきが目立ちました。ハイスペ男は、恋愛よりもビジネスチャンスに貪欲なようです。ちなみに会の終盤、別のテーブルでその女医さんに話を聞くと、