男性との出会いがないわけでもないし、そこそこ男友だちもいるのになぜか恋愛に発展しない……という方はいませんか? それはもしかすると、あなたが“永遠に女友だち”という括りに振りわけられてしまっているからかもしれません。思い当たる点がないかチェックしてみてくださいね。

好意的な感情を隠してしまう女子

素敵な男性と知り合ったときに、追われたいがあまり、素っ気ない態度をとってたりしませんか? もちろん、男性は基本的に狩猟民族のため女性を追う方が好きなのですが、確実に彼を捕まえたいのであれば、エサを撒かずに追いかけさせるというのは、相当、自分に自信がないとなかなか難しいと思います。
また男性は単純に自分に好意的な女性を意識する傾向があるようなので、そういったことを踏まえましてもエサ撒きは必須です。ツンツンしてるだけでは“脈なし”だなと思われて、ほかの女性へと移ってしまいます。

男前すぎる女子

話も早いし、サッパリしていて楽な女子っていますよね。ただしこれはあくまで同僚や友だちとして付き合う場合の話であって、少なくとも彼女候補ではありません。なんでも話せるというのは良し悪しであって、あなたを異性として意識してないから話せるということも考えられるので、単純にそれを褒め言葉と捉えて、ぬか喜びしてはいけないといことです。
逆になにを考えてるのかわからない女子と言うイメージの方が、一見マイナスなイメージがあったとしても“気になる存在”になっている可能性があります。
なぜなら“知りたいけど、なにを考えてるのかわからない”と解釈しているからです。ですから男前的なよき理解者は恋愛対象としては外されてしまうということも頭に入れておきましょう。

対等という気遣い女子

男性と対等であるという意味合いで割り勘にしてる方ってけっこういらっしゃるみたいなのですが、せっかくごちそうするという好意を断るということは、男性にとって好意を拒絶されたような印象を受けるのだそうです。つまり互いがよかれと思ってることなのにまたく届いてなかったということになってしまいます。
それでしたら、その場ではごちそうになり、なにか違う形でお返しするとか、次のお店でお出しするなど、そういった気遣いができる女子の方が相手にも好意が伝わりやすいです。女性ならではの気遣いができない女子とは“友だちのままでいっか”と、くくられてしまうのです。

いかがでしたか?
男性と女性は異なる生き物なので、いろんな側面で行き違うのも多いのですが、男性は繊細ではありますが、シンプルです。そこを理解できないと意思の疎通を取りにくいですし、完全に裏目に出てしまいます。せっかく気になる彼を見つけたのに“永遠に女友だち”と思われないよう、気をつけましょう。