ミリー・ボビー・ブラウン

写真拡大

Netflixのオリジナルシリーズ『ストレンジャー・シングス 未知の世界』のイレブン役で一躍有名となったミリー・ボビー・ブラウン。以前、当サイトでも数多くのセレブが彼女のファンを公言していることをお伝えしていたが、2014年のハリウッド版『GODZILLA ゴジラ』の続編『Godzilla:King of Monsters(原題)』で映画デビューすることになったと米E! Onlineらが報じた。

同作で監督を務めるは『X-MEN:アポカリプス』などで知られるマイケル・ドハティ。脚本はマックス・ボレンスタイン(『マイノリティー・リポート』『GODZILLA ゴジラ』)とザック・シールズ(『クランプス 魔物の儀式』)が手掛ける。2014年の『GODZILLA』に出演していたブライアン・クランストン(『ブレイキング・バッド』)やアーロン・テイラー=ジョンソン(『キック・アス』)、エリザベス・オルセン(『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』)らが続編に出演するかは明らかにされていない。

「ドハティ監督とは本当に信じられないくらい素晴らしいコネクションを感じたの。素晴らしいミーティングだったわ。彼のことが本当に大好きなの!」と今作への出演への喜びを語った。同作の全米公開は、2019年3月を予定している。(海外ドラマNAVI)