スター・ウォーズ/最後のジェダイ

写真拡大

全人類が待ち望んだ映画を超えた史上空前のエンターテイメント『スター・ウォーズ』シリーズ。12月15日(金)に公開される最新作『Star Wars: Episode VIII - The Last Jedi(原題)』の日本語タイトルがついに発表となった。

2017年は『スター・ウォーズ エピソードIV/新たなる希望』の全米公開から40周年を迎えるアニバーサリーイヤー。そんな記念すべき年に『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のその後を描くシリーズ最新作『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』が公開となる。タイトルは発表されたがストーリーは未だ謎のまま...。"最後のジェダイ"とは伝説のジェダイ、ルーク・スカイウォーカーを指すのか? なぜ、赤いロゴなのか?と様々な憶測を呼ぶ意味深な題名となった。監督・脚本を担当するライアン・ジョンソンは本作について「『フォースの覚醒』は大冒険でキャラクターを紹介した作品。『最後のジェダイ』はキャラクターを掘り下げ、核心に迫ることになる」と、前作よりもさらに深い内容になっていることが予想できる。

前作に引き続き、ヒロインのレイ(デイジー・リドリー)、フィン(ジョン・ボイエガ)、カイロ・レン(アダム・ドライヴァー)、ポー・ダメロン(オスカー・アイザック)など、『フォースの覚醒』で始まった新たなる物語のお馴染みのメンバーが出演。さらに、役どころは発表されていないが言わずと知れたオスカー俳優のベニチオ・デル・トロ(『エスコバル 楽園の掟』)や、実力派女優ローラー・ダーン(『インランド・エンパイア』)などの新キャストも加わり、この壮大な物語を紡ぐことになる。製作総指揮はJ・J・エイブラムス、トム・カーノウスキー、ジェイソン・マクガトリン。監督はライアン・ジョンソン(『ブレイキング・バッド』『LOOPER/ルーパー』)が務める。

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』は12月15日(金)より全国ロードショー。