Appleとの提携が噂されるEnergousが、ワイヤレス充電用の小型機器を発表しました。「iPhone8」用に採用される可能性もあります。

7mm四方のICを中心とした装置

ワイヤレス充電技術を持つEnergousが発表したのは、同社が持つ、数メートル離れた場所からのワイヤレス充電が可能なWattUp用のチップセット「DA4100」で、7mm四方のICを中心に、ARM Cortex-M0+プロセッサ、RFトランスミッタモジュールなどを内蔵しています。
 
同製品は、顧客であるメーカー向けのサンプル品出荷が開始されており、本格量産の時期については明らかにされていません。
 
従来のワイヤレス充電は、コイルを内蔵した充電用マットを用いていますが、WattUpは機器に専用アンテナを内蔵することで、数メートル離れていても充電が可能となっています。
 
以下は、WattUpの技術を紹介する動画です。
 

「世界最大のエレクトロニクス企業」との提携を発表したEnergous

Energousは、「誰もが製品を使っている、世界最大のエレクトロニクス企業」との「重要な戦略的提携」を結んだことを明らかにしています。
 
この提携の内容は、Energousのワイヤレス充電技術を内蔵した製品を世界で最初に出荷する権利を与えるものであり、最初の製品は2017年内に出荷されると発表しています。独占提携先はAppleで、「iPhone8」ではないかと噂されています。
 
一方、最近になって、「iPhone8」にはApple独自開発のワイヤレス充電技術が採用されるのではないか、との説も出ています。

 
 
Source:AppleInsider
(hato)