日韓関係は緊張の度合いを高めている

写真拡大

 釜山の日本総領事館前に置かれた「少女像」が、融和に向かいつつあった日韓を再び引き離そうとしている。政府や自治体の制止を振り払って像設置を進めたのは、釜山の学生団体である。代表は、22歳の女子大生。その真意を訊くべく、ジャーナリスト・織田重明氏が釜山に赴き、渦中のキーマンに直撃した。

 * * *
「撤去しろと言われても、絶対に撤去しません! そもそも少女像は釜山市民だけでなく韓国国民の意志で建てたもの。政府に命令を出せるはずがありません」

 断固としてそう語るのは、馬禧陳(マ・ヒジン)氏(22)。釜山大学に通う女子大生(3年)であるが、昨年末に釜山の日本総領事館前に少女像を設置した市民団体「未来世代が建てる平和の少女像推進委員会(以下、推進委員会)」の代表である。

 釜山の表玄関である釜山駅から歩くこと数分で日本総領事館がある。高さ2mを超える白い壁に囲まれた総領事館前の歩道上にその像があった。ザクザクと短く切られた髪に握りしめた拳、そして裸足と、ソウルの日本大使館前に2011年に設置されたものと瓜二つのデザイン。いずれもソウル郊外に工房を持つ芸術家夫妻が制作したものだ。

 少女像の側には数名の男たちがいる。なにやら市民に声をかけているようだ。

「ぜひ像の隣の空の椅子に座って日本総領事館を睨みつけてください」

 男たちは像を設置した推進委員会のメンバーだという。昨年12月28日に設置しようとしたが、地元の釜山市東区当局によっていったん撤去されたことから、再度撤去されることがないか監視しているのだ。

 設置のための募金活動から東区による撤去に対する大々的な抗議、そして再設置。これら活動を取り仕切った推進委員会の実質的な代表が馬氏である。

 彼女たちに真意を聞くべく、目指したのは、釜山中心部の目抜き通り沿いにある雑居ビル。三階に上り、中の様子をうかがうと、学生たちがミーティングをしていた。近くにいた学生に声をかけて名乗ると、馬氏が現れた。しばらく押し問答の後、インタビューを受けることを承諾した。

 ショートヘアに黒縁の丸メガネで、華奢な体つき。とても運動のリーダーのように見えない。ごく普通の学生だ。だが、その口からは強烈な言葉が飛び出す。

「釜山で少女像を設置しようという動きは、2015年末の韓国と日本の合意の直後に始まったのです。慰安婦のおばあさんたちに事前に何も知らせず、急に決めたこの合意で、慰安婦問題は最終的に解決したとされました。安倍晋三首相が真心から謝罪をしようともしないのに! 日本政府が拠出した10億円は法的賠償でもなんでもない。こんな屈辱的な合意ってあるでしょうか。韓国政府はとんでもない過ちを犯しました。日本政府に慰安婦が性奴隷だったという歴史的事実を認めさせるために像の設置が必要だと考えたのです」

──設置によって日韓関係が悪化し、大使の一時帰国や通貨スワップ交渉の中断を招いたことをどう思うか。

「日本が対抗措置を取るのは無礼なことです。この問題は、歴史問題であって外交問題ではない。ウィーン条約違反との日本の主張に関しても、私たちは法律の専門家から『そんなことはない』との見解を得ています。総領事館前の歩道は東区の所有で幅も広い。何の実害があるというのですか」

 馬氏によると、昨年8月に東区長と面談した際は、「絶対に設置できない」と言われ、総領事館の脇にある小さな公園のなかに設置するよう提案されたという。

「日本の総領事館が東区に設置を認めないよう圧力をかけていたと聞いています。東区にレターを送ったり、区長のもとを訪ねたりして、像を設置すれば、日本の観光客が減ると言ったそうです。私たちがテロでも起こすというのでしょうか」

──今後の活動予定は?

「少女像を公共造形物として認めてもらうよう、区に訴えています。申請が通れば、像の維持は、区の管轄になります。(反対団体に)壊されたり、いたずらされたら大変ですから」

 馬氏は「日本に対する嫌悪感情を沸き起こすことが目的ではない」と言う。だが、馬氏ら推進委員会の主要メンバーが加入する「わが民族がひとつに」という団体は、少女像を総領事館前に設置しようとして撤去された昨年12月28日付で「我々は死ぬまで日本と戦う」とサイト上で表明するなど反日感情を隠さない。

※SAPIO2017年3月号