今日も遅い…!飲み会を優先する彼に早く帰ってきてもらうコツ

写真拡大



彼と一緒に住んでいる・もしくは半同棲状態だと、彼の帰りが遅い日が続くとイラッとしてしまうもの。飲みすぎて帰ってきた彼に八つ当たりをしたり、終電を逃して帰ってきてうんざりしてしまうこともあるのではないでしょうか?せっかく起きて待っていても、連日の飲み会で帰ってくるのが遅いとうんざりしますよね。いったいどうすれば早く帰ってきてもらえるのでしょうか?ここでは、彼の帰宅が遅くてもイライラせずにすむコツや、彼に早く帰ってもらうためのコツをご紹介します。

■■帰りに甘いものを買ってきてもらうようにお願いする

「毎日のように飲み会がある彼。イライラするので、“帰りに甘いもの買ってきてね”と頼むことにしました。帰宅後にアイスやプリンを一緒に食べる時間がつくれるのと、甘いものが食べられるのでそれでとりあえず自分を納得させます(笑)」(20代/IT)

帰りが遅くなるという報告メールをもらった瞬間に怒りが爆発。「今日も飲み会なの!?」とキレぎみのメールを送ってしまう人もいるのではないでしょうか?そんなときこそ、“おねだり”をするのがオススメです。アイスやプリンなどの甘いものを買ってきてもらうことで、イライラも軽減。一緒に食べる時間もつくれるので一石二鳥です。

■■帰宅時にインターホンを鳴らしてもらう

「帰ってきたらインターホンを押してもらうようにしています。“遅くまで起きている私を待たせちゃいけない”という気持ちが働くようで、早く帰ってくるようになりました。帰ってきたらおかえり〜っていってハグをするのも習慣にしています」(20代/公務員)

遅くなるとどうしても彼の帰りを待たずに寝てしまうもの。ですが、毎回寝ていると彼の帰宅は遅いままです。たまには起きて待っていることも大事。「今日は帰ってきたらお迎えするからインターホンを押してね」と伝えておけば、彼にとってもいい意味でプレッシャーになるでしょう。彼が帰ってきたらおかえりのキスをせがむのも効果的です。

■■帰宅後にお茶や水を用意してあげる

「帰ってくるのが23時までなら起きて待っています。帰ってきたらお茶を用意して、飲み会であった話を聞いてあげます。楽しそうに話す彼の姿を見ていたら、待っていてよかったなぁって思える」(20代/広告)

飲み会で帰ってきた彼にイライラをぶつけてしまうと、ますます帰りたくない家になってしまいます。遅くに帰ってきたら「おつかれさま」と言い、あたたかいお茶や水で迎え入れてあげるのも効果的。彼が楽しそうに飲み会の報告をしているのを聞いたら、自然とイライラも吹き飛ぶものです。

■■お風呂に一緒に入ろうと提案する

「いつもお風呂は一緒に入ろうねって約束しています。帰りが遅くなるとお風呂に入る時間も短くなるので…。一緒にお風呂に入るようになってからは、彼も終電で帰ってくるということはなくなりました!」(20代/金融)

一緒にお風呂に入るというのが好きな彼氏もいるでしょう。「今日は帰ってくるの待ってるから、一緒にお風呂に入ろうね」とメールを送っておけば、そこまで遅い帰宅にならないはず。お風呂の時間にイチャイチャしたりするなどお楽しみを作っておけば、彼も早く家に帰ってきたいと思うようになるでしょう。

■おわりに

帰りが遅い彼には、むやみに怒りをぶつけるのではなくお願い事をしたり、早く帰ってきたときのご褒美を作っておくのがベター。怒ると体力も消耗し、険悪なムードにもなってしまうもの。お互いに嫌な気持ちにならないよう心がけることで、「帰ってきたくなる家」をつくることができるでしょう。(小林リズム/ライター)

(ハウコレ編集部)