チョコレートでできている車両は、鉄道ファン感涙の再現度!

写真拡大

大阪・梅田のホテルグランヴィア大阪では、大阪環状線の新型車両323系のデビューを記念した、「大阪環状線ケーキ」(323系)の発売を2月1日から開始した。

チョコレートでできた車両の蓋を開けるとティラミスケーキが出現!

323系車両は、2016年12月24日から営業運転を開始。同ホテルではこれまでも、国鉄時代の1960〜80年代前半にかけて製造された、オレンジ色の103系車両をモチーフにしたケーキを販売し話題を呼んだ。

一見、箱のように見える車両はチョコレートでできている。扉やステンレスのシルバー、路線カラーのオレンジ、ドア付近の黄色いラインなど、323系の特徴を見事に再現。その細やかな作りは、鉄道ファンならずとも見とれてしまうほど、クオリティの高い仕上がり。

しかも、このチョコレートの車両自体がケーキの蓋になっていて、開けると中にはイチゴがトッピングされたティラミスケーキが入っているというから、2度ビックリだ!

希望すれば、無料で“HAPPY BIRTHDAY”など、文字が入ったプレート(予約時に注文)も用意してくれので、誕生日ケーキにもピッタリ!

パティシエが1個づつ手作りで仕上げるため、1日10個の限定限定。価格は、323系にちなみ3230円で、3日前までに要予約となっている。【関西ウォーカー編集部/石川貴大】