早期実施の可能性も出ている韓国の大統領選挙で、有力候補だった潘基文(バン・ギムン=1944年生)前国連事務総長が早々と出馬を断念した。

 世論調査で独走を続ける文在寅(ムン・ジェイン=1953年生)氏がこのまま走るのか。急変はあるのか。サバイバルレースが本格化してきた。

 2017年2月1日午後、潘基文氏は緊急記者会見を開いて、出馬断念を表明した。

恨みつらみの会見

 「さばさばした退場」とは正反対の、恨みつらみに満ちた内容だった。

 「政界の旧態依然たる利己主義に大いに失望した」

 「こういう人たちと一緒に歩むことが無意味だと判断した」

 「純粋な愛国心から(の出馬)だったのに、人身攻撃とさまざまなニセニュースのせいで政治改革という名分が消えてしまった」

 潘基文氏は、この日の会見直前まで、与野党の首脳を相次いで訪問していた。前日には、大統領選挙前に憲法を改正することを提案し、有力政治家や政党に協力を呼びかけたばかりだった。

 選挙事務所も改装工事に入っており、「あまりにも唐突だ」という声も出ている。本人は、「前夜、じっくり考えて出した結論だ」と説明するが、それでは、当日与野党の首脳を訪問したのはどうしてだったのか。

 いずれにせよ、相当思いつめて切羽詰った決断だったようだ。

「そのうち降りるんじゃないかと…」

 「ああ、やっぱり・・・」

 だが、有権者の多くは、こういう反応だったはずだ。1日夕方に会った有力企業の社長はこう話す。

 「昼の約束から帰ってしばらくしたら、潘基文氏が出馬を断念したというニュースが入ってきた。保守系の候補だから投票しようかと考えてはいたが、一方で、最近の言動を見て、そのうち降りるんじゃないかと思っていた」

 こういう反応をあちこちで聞いた。

 2016年12月末で国連事務総長の任期を終えた潘基文氏は、1月12日に帰国した。帰国直前から大統領選挙への意欲を見せ、仁川国際空港に到着するや事実上の選挙運動を始めた。

 空港に到着すると大勢の支持者が集まっており、即席会見が開かれた。ここまでは良かった。だが、それから迷走が始まる。

「庶民派」を強調したが…

 「庶民派」を強調するためか。仁川空港から車を使わず、「空港鉄道」と地下鉄でソウル市内の自宅に向かった。

 大勢の支持者を引き連れて電車に乗るのもいかがかと思えたが、そもそも鉄道など利用したことがなかったのだろう。切符を買う際に1万ウォン(1円=10ウォン)を販売機に入れる方法が分からず、これが大きく報じられて、せっかくの庶民派イメージ作りがうまく運ばなかった。

 帰国後は、「国民の声を聞く」と言って、老人福祉施設で食事の世話をしたり、市場に行ったり、「現場回り」を強調した。だが、どれもちぐはぐな印象を与えてしまった。

 筆者の周辺からはこんな感想ばかりが聞こえてきた。

 「これまでの政治家とは違う、と言っているのに、やっていることは選挙前の他の政治家と同じ。市場や施設を訪れたり地下鉄に乗ったりすることで庶民派を強調するセンスの古さにびっくりした」

 もともと確固たる政策や信念があったのか。どの政党に行くのか。どんな政策に重点に置くのか。政治哲学、国家論は何か。こうした話がなかなか出てこない。

 帰国直後、潘基文氏の支持率は一時、トップに躍り出たことがある。「国連事務総長」からの凱旋帰国を歓迎する雰囲気は確かにあった。だが、だんだんと失望に変わっていく。

 そのうち、「国連事務総長時代に日韓慰安婦合意を支持した」と批判を浴びる。実弟のスキャンダルに絡んで、さまざまな憶測報道が流れる。メディアの報道にいらだつ様子が報じられる。

 「資金の問題もあるので政党に入る」などという発言も伝わる。そういうことを繰り返しているうちに、新鮮さがどんどん失われていってしまった。

ブームは起きず

 1月27日〜30日までの旧正月の連休。潘基文氏は帰国からこの連休までの間にブームを起こす作戦だったのだろう。だが、支持率は下がり続けた。最近の世論調査では10%台半ばにまで低迷してしまった。

 だから、保守系候補に投票することを考えていた有権者の間からも「完走できるのか」という声が出ていたのだ。

 それにしても、あらゆる面での準備不測は否めなかった。あるいは、「国連事務総長」というブランドで、大ブームが起きると錯覚してしまっていたのか。

 わずか20日間。ついこの間、仁川空港に着いて電車、地下鉄を乗り継いでいる姿がテレビで生中継されていたと思ったら、それこそ、あっという間に退場してしまった。

 では、どんな影響があるのか。

大統領選はいつなのか?

 まず、大統領選挙がいつなのか、が最大の変数だ。

 朴槿恵(パク・クネ=1952年生)大統領は、職務停止中で憲法裁判所で弾劾審理が続いている。この審理がいつまで続くのか。

 憲法裁判所の裁判官は9人が定員だが、そのうちの1人である所長が1月31日に任期切れになった。臨時所長になった裁判官も3月13日に任期切れになる。前の所長は、在任中に「3月13日以前に結論を出すべきだ」と語った。

 棄却なら、大統領はすぐに職務に復帰する。その場合、任期一杯まで職にとどまれば、大統領選挙は12月だ。だが、「早期辞任」の可能性もある。そうなれば、夏前に選挙になる。弾劾になれば、その日から「60日以内」に選挙だ。

 韓国メディアは、3月13日より前に弾劾になった場合、4月26日前後あるいは5月初旬に選挙になると報じている。シナリオはまだ絞り切れないが、当然、候補者は「最短日」を基準に走り出している。

 潘基文氏にとって誤算だったのは、弾劾審理が始まって選挙日程が一気に前倒しになる可能性が出たことだ。

 12月の選挙ならば、もう少し韓国の情勢を見極めて慎重に行動できたかもしれない。10年間もニューヨークに住んでいて、いきなり到着と同時に選挙運動というのはいくらなんでも無理だったようだ。

最短シナリオは4月末?

 「最短シナリオ」なら大統領選挙は4月末だ。あともう3か月もない。

 「大勢論」を強調して自信を深めているのは、文在寅氏だ。どの世論調査でも圧倒的なトップ。潘基文氏が帰国した直後に、一部の調査で追い抜かれたが、すぐに再逆転してそのまま走っている。

 選挙が早まれば早まるほど有利である事は間違いない。潘基文氏が出馬を断念したことで、文在寅氏にとっては、当面、ライバル候補がいなくなったと言えなくもない。

 2月2日、調査会社「リアルメーター」は潘基文氏出馬断念後の世論調査を発表した。トップは、文在寅氏で26.1%。2位の倍以上の支持率だ。

 進歩系では安熙正(アン・ヒジョン=1964年生)忠清南道知事が11.1%。どこまで文在寅氏に迫れるか。

 安熙正知事は、文在寅氏と同様に、かつて盧武鉉(ノムヒョン)元大統領の側近として政界入りした。かつては相当進歩的だったが、知事になってからは「実務能力」を前面に打ち出している。

文在寅氏トップ独走、安熙正知事が迫れるか

 文在寅氏が、北朝鮮政策などを巡って保守陣営の強い批判を受けているのに対し、突出発言を控え、現実路線を打ち出している。

 文在寅氏には強い支持者がいる一方で「拒否勢力」も多い。これに対して、安熙正知事は、「拒否勢力」を最小化して、「中道層も取り込める」ことを売り物に、進歩派の候補者選びで「兄貴分」である文在寅氏に挑む。

 安熙正知事にとっては、同郷の潘基文氏が出馬を断念したことで、潘基文氏支持派の一部を取り込むことができる可能性が出てきたこともプラスだ。

 進歩系は、圧倒的に先行する文在寅氏を安熙正知事と李在明(イ・ジェミョン=1964年生)城北(ソンナム)市長が追う展開だ。この調査では、李在明市長は、9.8%だった。

 さらに、前回の大統領選挙では文在寅氏に候補を一本化して譲ったが、その後、袂を分かって離党した安哲秀(アン・チョルス=1962年生)議員も、9.3%で、依然、有力候補の1人だ。

 安哲秀氏にとって見れば、潘基文氏の出馬断念はプラスかマイナスか読みにくい。潘基文氏支持者の一部の支持は得られるだろうが、それほど多くはない。

 安哲秀氏としては、潘基文氏と共同戦線を張って、できれば「候補一本化」というイベントを勝ち抜けた場合、大統領選挙に弾みがついた。この構想がなくなった以上、次の作戦が必要になる。

保守系は大統領権限代行を担ぎ出す?

 保守系は、潘基文氏が出馬を断念したことで、これといった候補者がいなくなった。現職の議員や知事が出馬を表明したが、支持率が伸びていない。

 リアルメーターの世論調査では、潘基文氏に代わって2位に躍り出たのが12.1%の、黄教安(ファン・ギョアン=1957年生)大統領職務代行(首相)だった。

 「中央日報」によると、潘基文氏の支持率は15.7%だったが、出馬を断念したことでこのうち20%と最も多くが黄教安氏の支持に向かうという世論調査結果を報じた。

 出馬するかどうか態度を表明していない黄教安氏に最も支持が流れるということは、それだけ保守系の有力候補がいないということでもある。黄教安氏は、潘基文氏の出馬断念を「待ってました」と思っているのか。はた迷惑だと考えているのか。

 あるいは、本人も思惑とは関係なく、保守陣営から担ぎ出されるか。万一、出馬した場合、「大統領権限代行」は辞任する。そうなると、さらに次の「代行」が職務にあたることになる。

 「大統領選挙が早まる可能性があると言ってもまだ3か月近く先だ。弾劾審理がどうなるかも分からないのだから、有権者はまだ真剣に候補を絞っていない。文在寅氏が有利であることは間違いないが、潘基文氏にも挽回のチャンスはあった。断念するのがあまりも早かった」

 韓国紙デスクは、「嵐のように去った」潘基文氏の20日間に、釈然としない思いだ。

筆者:玉置 直司