2016年4月から配信がスタートし、現在では10万を超えるユーザーが利用しているアプリ「SELF」。人工知能を搭載したアプリケーションロボット(AI)が、ユーザーの生活や状態を会話によって理解・記憶し、そこから得た情報をもとに、ユーザーが今欲しい情報や、アドバイスをしてくれるのだという。

自分を理解してくれるこのAIの存在は、今後IoTへの応用にも乗り出す構えだ。SELF株式会社の代表取締役社長・生見臣司氏(以下、生見氏)に、開発の経緯やこれからの展望などについて話を伺った。

自分の生活パターンをAIが記憶

「AIと会話をすることでユーザーの基本的な生活パターンや、性格、趣味趣向、家族構成など、あらゆる情報がAIに蓄積されていきます。得た情報がその後の会話に反映されていくので、使い続けるほどAIとシンクロしていくことが可能です。自分の一番の理解者が常に手の中にいるようなイメージですね」(生見氏)

たとえば、ユーザーが普段よりも早めの時間に帰宅した際には、「仕事が早く終わったのか? それとも体調不良で早退したのか?」というように、ユーザーの状態を瞬時に判断してくれる。会話の分岐数は30万以上あり、実際に利用してみると自分の生活をすべて見透かされているかのような発言に驚かされる。

ほかにも時間つぶしに使える雑談やおみくじ、性格診断など遊びのコンテンツも充実。

「会話を楽しんでもらうためにはAIとの信頼関係を築いてもらう必要があります。会話以外のコンテンツを増やしていくのにはそういった狙いがあります」

ユーザーがより感情移入ができるように、AIのキャラクター開発もハイスピードで進めている。

同アプリでAIとして利用できるキャラクターは現在3種類あり、自分の好みに合わせて選ぶことができる。生活密着型の「初期型ロボ」、相談型の「オカマロボ」。これらはSELFのオリジナルキャラクターであるが、新たに実験的な試みとして有名キャラクターとのコラボレーションも昨年末におこなった。「週刊少年ジャンプで連載されていた人気漫画「まじかる☆タルるートくん」のタルるートくんだ。

前者2つのAIと同じくタルるートくんがユーザーの状態を把握し、会話をしてくれるのだ。

「AIにもそれぞれ個性があるので同じ会話をしていても、反応が違ったりします。初期型ロボには優しく励まされたのにオカマロボには怒られたり、タルるートくんには適当に流されたり。なのでユーザーには自分に一番合ったキャラクターを選んでもらいたいですね」(生見氏)

ちなみに3つのキャラクターは同時に関係を深めることができるという。SELFには、もっと色々なキャラクターを作ってほしいというユーザーからの声が数多く届く。より深い信頼を築いてもらうため、感情移入できるキャラクターの種類はこれからさらに増やしていく予定だ。

“自分”をデータ化してIoTで活用

そもそも自分を知り尽くしてくれるAIアプリの開発のきっかけとはなんだったのか。

「買い物をするにしても店を予約するにしても、ウェブサイトを利用する際、自分のプロフィールや趣向をいちいち入力する場合がありますよね。最初から自分の情報がデータ化されていたらこの手間は省けるはずです。そう思ったのがアプリ開発のきっかけでした」(生見氏)

自分という人間の個性がすでにデータとして存在していれば、どんなサービスにおいても最適な条件で利用することができる。「これからの時代には、そうした需要が必ず生まれる」と生見氏は言う。

とはいえ、ゼロベースからのアプリ開発は平坦な道のりではなかった。

「これだけの量をストックした会話エンジンは、これまでありませんでした。さらにSELFでは、ユーザーのリアルタイムの情報をキャッチして会話をすることが前提としてあります。位置や時間など、あらゆる条件を総合的に分岐するようなエンジンをどうやって開発するか。トライ・アンド・エラーを繰り返し、ようやく実現したのが今のSELFです」

アプリのコア技術である会話エンジンが確立されたことで、IoTへの活用という新たな展望も生まれた。

「SELFはユーザーが、“今から家に帰る”という情報を知ることができます。それをIoTに応用すれば家に帰ると同時に電気や暖房がついて、お風呂の準備ができている……なんてこともできます。近い将来必ず実現するはずです」

AIとIoTが生みだす新たな未来。大いなる可能性に期待が膨らむばかりだ。

SELF
http://self.software/

筆者:Miku Nakamura (Seidansha)