吹き替えでコングと対決! GACKTと佐々木希
 - (C)2016 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC., LEGENDARY PICTURES PRODUCTIONS, LLC AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC. ALL RIGHTS RESERVED

写真拡大

 ミュージシャンのGACKTと女優の佐々木希、新日本プロレスの真壁刀義が、ハリウッド映画『キングコング:髑髏島の巨神』(3月25日全国公開)の日本語吹き替え声優を務めることが明らかになった。佐々木はハリウッド映画の吹き替え初挑戦となる。

 本作は、ゴジラとの対決も決定しているキングコングが君臨する孤島・髑髏島(ドクロトウ)が舞台のアドベンチャー大作。GACKTはトム・ヒドルストン演じる島に派遣された調査隊のリーダー、コンラッド、佐々木はオスカー女優ブリー・ラーソン演じる女性写真家ウィーバー、真壁は怖いもの知らずのソルジャーの声を担当する。

 「芸能人格付けチェック」への出演など幅広く活躍し、アニメやゲームで見せる声の演技にも定評のあるGACKTは、本作について「『ジュラシック』シリーズの20倍面白い」と大絶賛。「“キングコング”だけじゃない、巨大生物と人類との戦い。自然と前のめりになるほどの映像美への感動。ジブリアニメへのオマージュをいくつも感じさせるシーン。まさに超一流のエンターテイメント」と手放しでほめちぎり、「主人公の声を通じ、作品に関われること、非常に楽しみにしてます」と述べている。

 一方の佐々木は、『ONE PIECE FILM Z ワンピース フィルム ゼット』などで声優経験はあるものの吹き替えは初挑戦。プレッシャーを感じながらも「お芝居とはまた違った難しさがあるのではないかと今から非常に緊張していますが、ずっと吹き替えに挑戦してみたかったので、とても嬉しく思います」と喜びを語っている。

 そして、屈指のスイーツ好きで知られ、最近は“スイーツ真壁”の愛称が定着している真壁は、「レスラーとしてのオレ様のキャッチコピーは“暴走キングコング”って言うんだよ!」と豪語。それだけに、「映画の中で大暴れする“最強”キングコングに挑めることにワクワクしている。最高に嬉しいオファーだぜぃ! この映画、そんなに甘くねーぞ! 期待して待ってろよ!」と対決が待ちきれない様子だ。本作のメガホンを取ったのは、「メタルギア ソリッド」ハリウッド映画版の監督にも決定しているジョーダン・ヴォート=ロバーツ。サミュエル・L・ジャクソン、ジョン・C・ライリーといった実力派スターも出演する。(編集部・入倉功一)