美人妻、上司と面談中に涙のワケは「ドライアイ」

写真拡大

突然相手から目をそらし、
涙をこぼした妻

 (あぁ目が痛い、開けてられない!)

 重要な面談の最中に、突然、琴子さん(仮名・32歳)を襲った眼の痛み。

 といっても、異物が混入したわけでも、コンタクトレンズや眼球に傷がついたわけでもない。激しい痛みはないが、眼球がヒリヒリする感じがして、瞬きをこらえるのがつらいのだ。5秒間ももたない。

 たまらず相手から視線をそらし、うつむくと、ぽろりと生温かい涙がこぼれた。

 これではまるで、感極まって泣いているように見えるではないか。

 案の定、相手は驚き、「どうしました」と聞いてきた。

「大丈夫です、すみません。なんだか目が痛くて。べつに悲しいとか、情緒不安定とかじゃないですからね。ただただ目がつらいだけなんです」

 ハンカチを目にあてがいながら、必死に弁解する琴子さん。

 なんとか役目を果たし、デスクに戻ると、症状はすぐに軽減した。その後も、PC画面に向かっている時など、疲れて目を閉じている時間が増えたような気もするが、特に支障はない。

 (ただの疲れ目かしら。きっとPC画面の見過ぎだわ)

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)