世界の乳製品市場は価格上昇トレンドにあるとみられる。乳製品の産地で生産量が減少しているのが主な原因だ。資料写真。

写真拡大

世界の乳製品市場は価格上昇トレンドにあるとみられる。乳製品の産地で生産量が減少しているのが主な原因だ。食品・農業分野を得意とする金融機関ラボバンク・ネダーランドはこのほど、世界の乳製品に関する最新の報告書を発表した。それによると、過去6カ月間で世界の乳製品価格は45%も上昇し、世界の乳製品原料の生産量や情勢の判断を踏まえると、2017年も国際市場では乳製品価格の上昇が続く見込みという。広州日報が伝えた。

過去2年間、中国では乳製品原料が供給不足で、国内と海外で価格に開きがあるため、国内の乳製品価格が国際乳製品原料貿易による打撃を受けてきたことは明らかだった。だが今年の状況は違う。業界ウォッチャーは、「国内の乳製品の生産量は増加し、価格も上昇した。多くの乳製品の末端販売価格は5%から10%の範囲で緩やかに上昇している。中小都市では乳製品消費市場の拡大ペースが非常に速い」と説明する。

世界の乳製品原料の生産量が減少していることは明らかで、世界の7大原料輸出エリアのうち、北米エリアを除く6エリアで16年下半期は生産量が大幅減少した。生産量は前年同期比約260万トン減少し、これによって輸出量の約450万トンの減少を招いた。

▽大手産地の生産量減少が主要因か

生産量の減少にはいくつかの原因がある。まず欧州連合(EU)欧州委員会が昨年7月、牛乳の生産量の一時的な減産計画を決定したことがある。牛乳の需給バランスをはかり市場価格を安定させるための措置だ。これに先立って欧州では牛乳の割当制度が解禁され、過去2年間、欧州の牛乳は「量は十分、価格は安定」という強みによって国際市場で多くのパイを勝ち取ってきたが、買い取り価格の低下に酪農家は抵抗していた。それからオーストラリア最大の乳製品加工メーカーのマレー・ゴールバンが16年に乳製品価格が底を打った際、買い取り価格を引き下げたため、酪農家が牛を処分したり酪農経営から撤退したりするなどの事態が発生したことがある。さらにオーストラリア、欧州、北米などにかなりの市場を奪われたとはいえ、ニュージーランドは今なお中国にとって乳製品の最大の輸入源だ。なかでも小麦粉が中心だが、昨年のニュージーランドは各地で自然災害が起こって生産が難しくなり、生産量に影響が出た。

同報告書によると、世界の乳製品生産量は減少しているが、米国と欧州のニーズは緩やかに上昇しており、生産量の増加は一定の時間が経ってから達成されるため、この時間のズレにより将来、乳製品価格の短期的な上昇が起こる可能性があるという。

国際買い取り価格は上昇する可能性があるが、国内の買い取り価格も安くはない。現在、中国の乳製品原料価格は1キログラムあたり3.2元(1元は約16.5円)で、過去数カ月間の大幅上昇の後、現在のニュージーランド産全脂粉乳は原料価格に換算して同約2.5元だ。輸送費、関税、増値税(付加価値税)を加えると、輸入価格は同3〜3.2元となり、ほぼ同じ水準になる。

業界ウォッチャーは、「だがこうした(国内の買い取り価格が高い)状況はかえって中国の酪農家に有利だ。過去2年間の価格の開きは非常にはっきりしており、国際市場の乳製品原料が大量に中国市場に押し寄せれば、酪農家の多くは牛を処分して廃業することになる」と話す。これまで国際市場の乳製品原料の価格的優位性によって輸入量が年々増加し、中国は今では主要な乳製品輸入国になっている。15年には牛乳の輸入量は46万トン、全脂粉乳は35万トン、脱脂粉乳は20万トンに上り、原料に換算すれば500万トンになり、貿易量の約7%を占める。データは、16年に中国の乳製品輸入規模は同26%拡大すると予測する。

多くの消費者がおそらく気づいているように、17年に入り、パスチャライズ牛乳を含む多くの乳製品の末端販売価格が5〜10%ほど緩やかに上昇した。前出のウォッチャーは、「これは中国の乳製品消費が全体の規模はそれほど大きく拡大していないが、製品構造のバージョンアップが徐々に形を表して、低温殺菌牛乳や乳酸菌飲料などの製品がますます流行しているため、また中小都市の消費市場が急速に拡大したため」と説明する。

同ウォッチャーは、「長年にわたる乳製品の飲食習慣の育成により、消費者の舌はますます肥え、製品の選択は理性的になり、より多くの種類の牛乳が登場して、(消費者は)国内の新鮮な牛乳を真っ先に選び、輸入された還元牛乳は選ばなくなった。そこで国内の乳製品原料の供給も徐々に足りなくなってきた。さらに現在の国内の乳牛飼養コストは高く、コストから考えても需給から考えても、国内の乳製品価格が高い価格を維持するのは妥当といえる」との見方を示す。(提供/人民網日本語版・編集/KS)