シリーズ40周年の節目に最新作が公開 (C)2017 Lucasfilm Ltd. & TM.
All Rights Reserved

写真拡大

 SF映画の金字塔「スター・ウォーズ」シリーズのエピソード8「スター・ウォーズ:ザ・ラスト・ジェダイ(原題)」の邦題が、「スター・ウォーズ 最後のジェダイ」に決定したことがわかった。ロゴは従来の黄色ではなく赤く縁取られており、タイトルとあわせてファンの憶測を呼びそうだ。

 シリーズ第1作が全米で封切られてから40周年のアニバーサリーイヤーに、新作が公開される。「LOOPER ルーパー」のライアン・ジョンソンが監督・脚本を務め、ルーカスフィルム社長キャスリーン・ケネディとラム・バーグマンが製作を担当。さらに、製作総指揮には前作「スター・ウォーズ フォースの覚醒」のJ・J・エイブラムス監督をはじめ、ジェイソン・マクガトリン、トム・カーノウスキーが名を連ねている。

 タイトルの「最後のジェダイ」は、伝説のジェダイであるルーク・スカイウォーカー(マーク・ハミル)を指すのか、あるいはフォースに目覚めたレイ(デイジー・リドリー)のことなのか、そして赤いロゴの意味とは。ストーリーの詳細はいまだベールに包まれているが、ジョンソン監督は「『フォースの覚醒』は大冒険でキャラクターを紹介した作品。『最後のジェダイ』はキャラクターを掘り下げ、核心に迫ることになる」と話し、シリーズ史上初めて前作の直後からスタートすることが明らかになっている。

 また、製作のケネディは「こんなことは初めて言いますが」と前置きしたうえで、ジョンソン監督について「撮影中のライアンを見ていると、スティーブン・スピルバーグと重なることがあります。ドラマ構築、ユーモアのセンス、カメラワークなど、すごい感性の持ち主なので、みなさん楽しみにして大丈夫です」と太鼓判を押している。「スター・ウォーズ 最後のジェダイ」は、前作キャストのほかベニチオ・デル・トロ、ローラ・ダーンが新たに参加。12月15日から全国で公開される。