写真提供:マイナビニュース

写真拡大

「Windows 10 Creators Update」からは、デスクトップテーマ機能が本格的に復活する。そこで今回は、既存のデスクトップテーマファイルを整理する方法を紹介しよう。

○Resourcesフォルダーからテーマファイルを移動させる

2017年早期にリリースされる可能性が高い「Windows 10 Creators Update」では、デスクトップテーマ機能が復帰する予定だ。MicrosoftはWindows 7向けに多くのデスクトップテーマを提供していたが、Windows 8.x時代はその影を潜めている。

このままデスクトップテーマ機能は廃止する方向にあるのかと思いきや、今回の大型アップデートで復活させるようだ。Windows 10 Insider Previewで「Windowsストア」にアクセスすると、既に100種類近いデスクトップテーマを試すことができる。

詳しくは正式リリース後に紹介するとして、ダウンロードしたデスクトップテーマはコンテキストメニューから削除可能だが、既存のデスクトップテーマの削除機能は用意されていない。これらデスクトップテーマファイルの実態は「%SystemRoot%\Resources\Themes」フォルダー、および「%SystemRoot%\Resources\Ease of Access Themes」フォルダーにあるため、ここからテーマファイルを取り除こう。

上図をご覧になると分かるように、「%SystemRoot%\Resources\Themes」フォルダーには「Windowsの標準のテーマ」、「%SystemRoot%\Resources\Ease of Access Themes」フォルダーには「ハイコントラストテーマ」が格納されている。

そのままファイルやフォルダーを削除してもよいが、万が一必要になった場合を考えて任意のフォルダーに移動させよう。その際は管理者権限が必要となるので、ユーザーアカウント制御プロンプトによる昇格メッセージが現れたら、画面の指示に従ってほしい。

最後に結果を確認しよう。コントロールパネルの「個人用設定」を起動すると、「Windowsの標準のテーマ」および「ハイコントラストテーマ」がゼロになったことが確認できる。

阿久津良和(Cactus)

(阿久津良和)