写真提供:マイナビニュース

写真拡大

●圧倒的なスピードの秘密は?
セイコーエプソンおよびエプソン販売は2日、オフィス向けの高速インクジェット複合機/プリンター新製品「LX-10000Fシリーズ」「LX-7000Fシリーズ」を発表した。高速印刷と高画質印刷を両立させた製品で、低消費電力にも優れている。2017年5月から販売を開始する。

○圧倒的なスピードの秘密は?

新製品では、一般的なオフィス向けの電子写真方式をしのぐ圧倒的なスピードを、オフィスに設置できるコンパクトサイズで実現した。新開発のPrecisionCoreラインヘッド採用により、LX-10000Fシリーズでは毎分100枚(A4横片面)、LX-7000Fシリーズでは毎分75枚の速度で印刷が可能。

新型のPrecisionCoreは、プリントチップを斜めに配列することでヘッドを小型化し、簡単にいうと「紙幅」いっぱいにノズルを配置した。ヘッド部分を動かさずに、紙送りだけで用紙全体に印刷できる。このPrecisionCoreは、製品本体の小型化にも大きく貢献している。印刷解像度は600dpi×1,200dpi(最高解像度600dpi×2,400dpi)。また、エプソン独自の熱を使わないマイクロピエゾ技術などにより、コピー使用時の最大消費電力はLX-10000Fシリーズで320W、LX-7000Fシリーズで300Wとなっている。

本体にはチルト式9インチの光学式カラータッチパネルを備えており、スマートフォンのような軽いタッチで操作できる。また、紙詰まりが起きても取り除きやすいシンプルな構造にしたりと、使い勝手が良い。非接触かつ大きな熱を使わない強みは、用紙対応力の高さにも活かされており、厚紙、和紙、エンボス用紙、窓付き封筒など様々な用紙に印刷が可能。例えば、金粉付きの賞状用紙が挙げられる。用紙に接触せず噴射式で印刷するため金粉を剥がす心配がなく、また熱が発生しないため、金粉を溶かしてしまう恐れもない。

●エプソンの独自技術が差別化要素に
説明会の冒頭、セイコーエプソン 代表取締役社長の碓井稔氏が登壇してスピーチ。マイクロピエゾなどのオリジナル技術を磨き上げ、全てのオフィスの印刷をインクジェットに置き換えることを目指す「長期ビジョン Epson25 - インクジェットイノベーション」を掲げる。碓井氏は「新製品は、オフィスにおけるイノベーションのひとつの具体的な取り組みを示すもの。新しいオフィスを作り上げていく」と力を込めた。

続いて、セイコーエプソン 取締役常務執行役員 プリンター事業部長の久保田孝一氏が製品に採用されている技術を解説した。新製品のキモとなるPrecisionCoreラインヘッドでは、43mm幅に約33,500ものノズルを斜めに配置。用紙の搬送には静電吸着ベルトを採用し、また速乾性を向上した顔料インクを全色で採用することで印刷速度の向上を実現した。片面印刷と遜色ないスピードで両面印刷も行えるという。

消費電力の低さも特徴のひとつ。久保田氏は「電子写真方式のプリンターでは印刷速度が増すと消費電力も増すが、本製品では桁違いの低消費電力で使用できる。例えば75枚/分で印刷する場合、電子写真方式では必要な電力が1500Wを超えるが、本製品なら300W程度。これはパソコン2台分ほどの電力。特別な電源工事は必要なく、一般的な家庭用電源でもお使い頂ける」とアピールした。

なおエプソンは同日、A3複合機「PX-M7070FX」、A3プリンター「PX-M7070X」の新製品2モデルも発表。従来製品と比べて操作性が高まり、スキャン速度も向上、さらに画質アップも図られている。両製品とも、3月上旬に販売が開始される。

●シェア4割を獲っていく
最後に、エプソン販売 代表取締役社長の佐伯直幸氏が販売戦略について説明した。佐伯氏によれば、オフィスプリンティング市場は「ビジネスインクジェットプリンター」で約700億円、「レーザープリンター」で約2,100億円、「複写機/複合機」で約9,000億円、「インクジェット軽印刷」で約200億円規模だという。

エプソン販売ではインクジェット軽印刷の領域を"成長領域"と捉えている。「スピード優先だったこの市場に、高速・高画質なLX-10000F、LX-7000F、PX-M7070FXを投入することで、私たちも本格的に参入する」と宣言した。また、引き続き複写機、複合機の領域にも積極的に製品を展開していく。

エプソン販売では、オフィスに導入する複合機を定額で利用できる「エプソンのスマートチャージ」を提供しているが、その内容を拡充。本体購入不要で月払いの「オール・イン・ワン プラン」、本体購入+印刷枚数に応じた「カウンター・チャージ プラン」、本体購入+インク購入+保守契約の「インク・スタンダード プラン」の3プラン構成。例えば、LX-10000Fをオール・イン・ワン プランで契約した場合、FAXありのプランで月額72,000円、FAXなしのプランで月額70,000円となる。

インクジェット軽印刷市場では、小売業・流通業、学校、印刷業務、官公庁・自治体、病院、印刷業といった業種を対象にしていく。また複合機・プリンター市場では、一般OA用途、官公庁・自治体、病院といった業種を対象にしていく。中期目標として、インクジェット軽印刷市場で40%のシェア獲得を目指していくという。

○オフィス市場は激戦区だが...

質疑応答では、製品を販売する市場について、碓井氏は「まずは日本市場で展開し、順次グローバルにも広げていく。ヨーロッパで行われるショーでも披露していきたい」と回答した。出荷台数の目標は非公開。インクジェット軽印刷市場について、競合他社との差別化要素を聞かれると、佐伯氏は「高速・高画質で展開する。競合他社製品と市場の棲み分けは可能で、市場を拡大できると考えている」と説明した。

オンデマンドデジタル印刷への参入について聞かれると、久保田氏は「将来の可能性のある分野」と回答。参入を匂わせつつも、そのタイミングについては明言を避けた。

様々なメーカーが展開しているオフィス市場にどうやって割り込んでいくのか、という質問に佐伯氏は「7、8社が長年しのぎを削られている市場。ただ、膠着状態に陥っている印象もある。発表した新製品は、レーザープリンターを超えるスピードで印刷できる、価値をアドオンできる製品。販売店さんに幅広く扱ってもらえるのではないか」との見方を示した。

(近藤謙太郎)