写真提供:マイナビニュース

写真拡大

昨年大ブームを巻き起こしたTBS系ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』の制作チームが「2017年第41回エランドール賞」の特別賞に輝き、2日に都内ホテルで行われた授賞式に、女優の新垣結衣と歌手で俳優の星野源がプレゼンターとして出席した。

日本映画テレビプロデューサー協会が1年を通して優秀な活躍をした新人俳優や映画・ドラマ等を表彰する同賞。エンディングで星野源による主題歌「恋」に合わせてキャスト陣が踊った"恋ダンス"も社会現象となった『逃げ恥』の制作チームが、特別賞に選出された。授賞式では、新垣と星野がサプライズでお祝いに駆けつけ、大歓声が沸き起こった。

新垣は「お祝いする側のつもりで来ているので、『おめでとう』なんて言われないつもりだったんですけど、みなさんに『おめでとうございます』って声をかけていただいて、私も『逃げ恥』の一員だったと」と笑い、「あらためて、こんなにみなさんに見ていただいた良い作品の一員として3カ月やれたことがすごくうれしいなと思います」とコメント。受賞したプロデューサー陣に向かって、「楽しかったですね。よかったですね」と声をかけ、「私もうれしいです」と喜んだ。

星野は「『逃げ恥』の魅力はチームワークの良さ。関わった人、一人ひとりが自分ができるすばらしい仕事をして作品につながったんだと思います」と分析。また、この日の控室でプロデューサー陣たちが会話しているのをみて、「家族みたい」と思ったそうで、「そういうところからこういう温かい、日本に知れ渡るドラマは生まれるんだなと思います」としみじみ話し、「関われて自分も幸せです」と笑顔を見せた。

星野は今回、新人賞も受賞。その受賞の場面でも、新垣がステージに登場し、花束を渡して祝福した。