テーマ=『デジタル×価』

“最強のよそ者”として、数々の業界でビジネスに変革をもたらし続けてきた伊藤嘉明が、”趣味も仕事もフルスイングする価値”について考える連載コラム『伊藤嘉明の「人生万事振り切るが価値」』。希代のゾンビマニアの彼が最近手に入れたという「お宝」について、思う存分ドヤッていただこう。

偉大なる「ジョージ」たち。そして、ジョージ・A・ロメロ



2016年は悲しいことに、世界中でたくさんのセレブリティが亡くなった。年末に亡くなった元「ワム!」のシンガーソングライター、ジョージ・マイケルもその一人で、青春時代によく聴いていただけに「ジョージよ、お前もか……」と、とても残念な気持ちに。

ところで、ジョージといえば……今、巷ではスター・ウォーズの新作『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』の影響もあり、ジョージ・ルーカスにも注目が集まっている。エンタテインメントの歴史に残る数多くの名作を生み出した人、誰もが認めるすごい映画監督(ローグ・ワンで監督をしているわけではないけど)ということに異論はないはず。私自身もファンだし。

でもね、すごい映画監督という意味では、こちらのジョージの方がぶっちぎりで勝っていると私は思うわけですよ。そのお方とは、ジョージ・A・ロメロ。

そう、ジョージ・A・ロメロ監督といえば、ゾンビ映画の神様なのだ!



このコラムの裏タイトル“人生万事ゾンビるが価値!”の基本的概念となっているゾンビ、その“ゾンビ映画”というジャンルを作り上げた映画の神様、いや“ゾンビの神様”こそがロメロ様なわけです。

『ナイト・オブ・ザ・リビングデッド』『ドーン・オブ・ザ・デッド(邦題:ゾンビ)』『デイ・オブ・ザ・デッド(邦題:死霊の餌食)』などなど、たくさんの歴史に残る名作の数々……。知らなかったという不届き者は、至急ググりなさい。私は邦題のセンスの無さが許せないタイプではあるのだが、まぁそれを話し始めると今回の趣旨からズレるので、そこはあえて触れないでおこう。



で、何が言いたいかというと、アメリカに住む私の親友からのサプライズプレゼントがなんと! ロメロ監督の直筆サインだったのだ! しかも、私へのメッセージ付きで「Aki, Stay Scared.(アキくん、恐れていなさい)」と。ああ、こんなウィットに富んだメッセージを、しかもたった2つの単語だけで表せるお方だなんて! ロメロ様万歳!



私は芸能人とかセレブリティの事情には疎いほうなのだが、今回は子供のようにはしゃぎ興奮してしまった。久々にナイスなサプライズプレゼント。ロメロ様には長生きしてもらって、2017年こそは新しい作品を作っていただきたい。そういうわけで“人生万事ゾンビるが価値!”

文/伊藤嘉明

※『デジモノステーション』2017年3月号より抜粋

連載バックナンバー: 伊藤嘉明の「人生万事振り切るが価値」

いとうよしあき/X-TANKコンサルティング 代表取締役社長。数々の外資系企業での事業再生、マネージメント経験を生かし、可能性のある組織や人材を有機的に結合させたり、資金を投入することで、日本国内はもちろん、生まれ故郷である東南アジアでイノベーションと変革を巻き起こす。著作に『どんな業界でも記録的な成果を出す人の仕事力』(東洋経済新報社)など。