【2017Jリーグ補強診断】前線豪華もMF田口泰士の獲得失敗で中盤補強ゼロ《柏レイソル》

写真拡大

▽2月25日に開幕を迎える2017シーズンの明治安田生命J1リーグ。3年ぶりの1シーズン制が復活となり、全18チームがタイトルを目指してしのぎを削る。開幕を前に超ワールドサッカー編集部がJ1全クラブの補強を診断。2011年以来2度目のJ1制覇を狙う柏レイソル編をお届けする。

◆相次いだ実力者の退団
Getty Images
【OUT】

GK

稲田康志(31)→アルビレックス新潟/完全

DF

山中亮輔(23)→横浜F・マリノス/完全

増嶋竜也(31)→ベガルタ仙台/期限付き

湯澤聖人(23)→京都サンガF.C./期限付き

エドゥアルド(23)→川崎フロンターレ/完全

MF

秋野央樹(22)→湘南ベルマーレ/期限付き

茨田陽生(25)→大宮アルディージャ/完全

太田徹郎(27)→サガン鳥栖/完全

FW

田中順也(29)→ヴィッセル神戸/完全

木村裕(22)→V・ファーレン長崎/完全▽DF山中亮輔やMF茨田陽生、MF秋野央樹、FW田中順也ら実力者が相次いで流失。新加入組と比較しても、退団者の顔ぶれが際立つ。

◆補強診断(★5つが最高)

★★☆☆☆

▽今冬の補強で一部ポジションに関して、適材適所のピンポイントを敢行。しかし、名古屋グランパスに所属するMF田口泰士の獲得失敗により、最終的には後味の悪い移籍動向となった印象だ。

◆両SBに新顔【GK&DF】
Getty Images
【IN】

小池龍太(21)←レノファ山口FC/完全

古賀太陽(18)←柏レイソルU-18/昇格

橋口拓哉(22)←流通経済大学/新加入

ユン・ソギョン(26)←ブレンビーIF/完全▽昨シーズンを通じて、適任者不在だった右サイドバックとして、運動量に定評のあるDF小池龍太を獲得できたのは大きい。さらに、左サイドバックの韓国代表DFユン・ソギョンを引き入れるなど効果的な補強を行った。

◆新戦力ゼロ【MF】
Getty Images
【IN】

主な補強なし▽単純にMF登録の新戦力もいないことから、戦力ダウンは必至。とりわけ、茨田や秋野の退団者に代わるパサーとして接触が噂されていた田口の獲得失敗により、司令塔タイプの選手が見当たらない点は気がかりだ。

◆J屈指の攻撃陣形成【FW】
Getty Images
【IN】

ハモン・ロペス(27)←ベガルタ仙台/完全

大島康樹(20)←カターレ富山/期限付き移籍から復帰▽昨シーズンのリーグ戦で10ゴールを記録したFWハモン・ロペスの加入はポジティブなニュースの1つ。FWクリスティアーノ、FWディエゴ・オリヴェイラ、FW伊東純也によるアタッカー陣の顔ぶれはJリーグ屈指だ。