【2017Jリーグ補強診断】リーグタイトル、アジアタイトルへ盤石の布陣を形成《浦和レッズ》

写真拡大

▽2月25日に開幕を迎える2017シーズンの明治安田生命J1リーグ。3年ぶりの1シーズン制が復活となり、全18チームがタイトルを目指してしのぎを削る。開幕を前に超ワールドサッカー編集部がJ1全クラブの補強を診断。昨シーズン年間勝ち点1位ながらリーグタイトルを逃した浦和レッズ編をお届けする。

◆主力の放出なく盤石の布陣
Getty Images
【OUT】

GK

大谷幸輝(27)→アルビレックス新潟/完全

DF

橋本和(30)→ヴィッセル神戸/期限付き→完全

永田充(33)→東京ヴェルディ/完全

茂木力也(20)→モンテディオ山形/期限付き

加賀健一(33)→モンテディオ山形/完全

岡本拓也(24)→湘南ベルマーレ/期限付き延長

MF

斎藤翔太(20)→水戸ホーリーホック/期限付き延長

山田直輝(26)→湘南ベルマーレ/期限付き延長

FW

阪野豊史(26)→モンテディオ山形/完全

石原直樹(32)→ベガルタ仙台/期限付き▽期限付き移籍を含めチームを去った選手は10名だが、期限付き移籍期間延長が3名、期限付き移籍から完全移籍に切り替わった選手が1名となった。また、GK大谷幸輝やDF永田充らは完全移籍で退団したものの、主力の放出はなく戦力ダウンも起こることはなかった。

◆補強診断(★5つが最高)

★★★★★

▽4選手を完全移籍、1選手を期限付き移籍で獲得。さらに、期限付き移籍から3名を復帰させた。各クラブで主力を担っていた選手を補強したことで、リーグタイトル、アジアタイトルを目指せる陣容は揃った。

◆GKは厚みを、DFはバリエーションを【GK&DF】
Getty Images
【IN】

福島春樹(23)←ガイナーレ鳥取/復帰

榎本哲也(33)←横浜F・マリノス/完全

田村友(24)←アビスパ福岡/期限付き▽控えGKに横浜FMの守護神を長らく務めたGK榎本哲也を補強。GK西川周作のライバルが不在だったが、ポジション争いが激化することでさらなるレベルアップが見込める。また、J1、ACLと2つのコンペティションでの併用も可能となった。また、福岡から加入のDF田村友はボランチが本職ながら最終ラインでもプレー。福岡でも3バックは経験しており、フィットすれば最終ラインのバリエーションが増えることとなる。

◆戦力の底上げに成功【MF】
Getty Images
【IN】

長澤和輝(25)←ジェフユナイテッド千葉/復帰

矢島慎也(23)←ファジアーノ岡山/復帰

菊池大介(25)←湘南ベルマーレ/完全▽ケルンから獲得後にすぐさま千葉へ期限付き移籍したMF長澤和輝、岡山で2年間の武者修行を終え大きく成長したMF矢島慎也と2枚のボランチを獲得。MF柏木陽介、MF阿部勇樹、MF青木拓矢で回していたポジションが底上げされた。また、湘南から加入のMF菊池大介はドリブルを得意とするサイドアタッカー。特にMF宇賀神友弥のバックアッパー不在に苦しんだ昨シーズンの課題は解消できそうだ。

◆豊富なタレントが揃った前線【FW】
Getty Images
【IN】

ラファエル・シルバ(24)←アルビレックス新潟/完全

オナイウ阿道(21)←ジェフユナイテッド千葉/完全▽前線の補強は2名。新潟から加入のFWラファエル・シルバは昨シーズンのリーグ戦で23試合出場11得点を記録。スピードに乗ったプレーと卓越した個人技が魅力で、ゴールの量産に期待が懸かる。対する地元出身のオナイウ阿道は昨シーズンのJ2で23試合6得点。身体の強さ、空中戦の強さを生かし、FWズラタンに近い役割が期待される。確実に補強を施した格好となった。