写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ロジテックINAソリューションズは2日から、サンディスク製SSD「SanDisk X400」シリーズと、ウエスタンデジタル製SSD「WDS1B0A-LOG」シリーズ、「WDS1B0B-LOG」シリーズのバルク品を取り扱う。

○SanDisk X400シリーズ

「SanDisk X400」シリーズは、サンディスク製のSATA SSDのバルクモデル。256GB / 500GB / 1TBの3モデルを用意。価格(税別)は256GBが14,630円、500GBが24,815円、1TBが47,222円。

パッケージや取扱説明書が付属しない簡易包装モデルで、動作テストを行っていないことなどから低価格で提供。本体の厚さは7mmで、PlayStation 4でも使用可能。セルタイプはTLC、インタフェースはSATA 3.0。本体サイズはW69.9×D100.5×H7mm、重量は59.7g。

○WDS1B0A-LOGシリーズ

「WDS1B0A-LOG」シリーズは、ウエスタンデジタル製のSATA 2.5インチSSD「WD Blue SSD」のバルクモデル。250GB / 500GB / 1TBの3モデルを用意。価格(税別)は250GBが14,630円、500GBが24,815円、1TBが47,222円。その他の仕様はほぼ共通。

○WDS1B0B-LOGシリーズ

「WDS1B0B-LOG」シリーズは、ウエスタンデジタル製のM.2 SSD「WD Blue SSD」のバルクモデル。250GB / 500GB / 1TBの3モデルを用意。価格(税別)は250GBが15,556円、500GBが26,389円、1TBが50,741円。セルタイプはTLCで、インタフェースはSATA 3.0。本体サイズはW22×D80×H2.4mm、重量は7g。

(リアクション)