写真提供:マイナビニュース

写真拡大

日本最大・アジア最大級のキャンピングカーイベント「ジャパン キャンピングカーショー2017」が2日に開幕した。幕張メッセに過去最多となる300台以上のキャンピングカー・車中泊車が集結し、来場者7万人を見込んでいる。

同ショーは毎年2月に開催されており、昨年は6万1,000人が来場。好評につき、今年は計4ホール(幕張メッセ1〜4ホール)に規模を拡大しての開催となった。キャンピングカーやアウトドア用品の展示・販売をはじめ、ステージイベントも多数用意。キャンピングカーの可能性を広げる初開催イベントとして、国内外の企業がキャンピングカー市場における新たな取組みを発表する「ビジネスディ合同発表会」やレンタルキャンピングカーを使っての試乗会(予約制)なども行われた。

キャンピングカーの啓蒙・普及を目的に、キャンプ・アウトドア好きの著名人1名を表彰する「第5回 キャンピングカーアワード」の授賞式も行われ、2年連続で演出家のテリー伊藤氏が選ばれた。昨年の受賞後もキャンピングカー専門誌で連載を持つなど、「"テリー流"キャンピングカー遊び」の奥深い面白さを予感させることから、さらなる魅力発信への期待を込めての選定だという。副賞として、ライトエースベースの「丁度いいサイズ」のキャンピングカー「シュピーレン」の1年間レンタル権が授与された。

会場では、国内メーカーのホンダや日産に加え、フィアットが初出展し、商用車「デュカト」とコンパクトモデル「500」を展示した。他にも個性的なキャンピングカーが並び、ダイハツ「ムーヴ キャンバス」や日産「セレナ」など最新モデルがベースの車両も。イベント初日はプレス・ビジネス内覧会の後、12時から一般公開され、平日にもかかわらず多数の来場者でにぎわった。ペットを連れた愛好家の姿も多く見られた。

「ジャパン キャンピングカーショー2017」は2月5日まで幕張メッセ1〜4ホールで開催。開場時間は3・4日が10〜18時、5日が10〜17時。前売入場券は一般(高校生以上)800円・小人(小・中学生)500円、当日入場券は一般1,000円・小人600円。公式サイトからの事前登録で入場無料となり、土日は先着1,000名のみ駐車場無料になるとのこと。

(上新大介)