三菱重工とヴェスタスの合弁会社・MHヴェスタスの風力発電設備「V164-8.0MW」は2014年に24時間で19万2000kWhという、1基の風力発電設備による1日の発電量として世界最高の記録を生み出しましたが、その上位版である「V164-9.0MW」が新たにデンマーク沖合に設置され、24時間で21万6000kWhという新たな記録をたたき出しました。

World’s most powerful wind turbine once again smashes 24 hour power generation record as 9 MW wind turbine is launched | MHI Vestas Offshore

http://www.mhivestasoffshore.com/new-24-hour-record/



Denmark's Massive Wind Turbine Breaks World Record | Digital Trends

http://www.digitaltrends.com/cool-tech/denmark-wind-turbine-breaks-records/

V164-9.0MWはプロトタイプが2016年12月に設置されました。そこで出た1日発電量21万6000kWhという数字は、アメリカの平均的な家庭の20年分の電力量に相当します。

ちなみに、この前世代にあたる8.0MWでも相当な大きさであることがヴェスタスの公開しているプロモーション映像からわかります。

Vestas V164-8.0 MW - a game changer in offshore - YouTube

これがV164-8.0MW



羽根が通過するエリアの広さは2万1124平方メートル。この広さによって、従来と比べて生涯に生産するエネルギー量が25%増加します。



直径164mはロンドンの名所である「ロンドン・アイ」の135mを上回ります。



また、その羽根が通過する最高点は、ロンドンの超高層ビル「ガーキン(The Gherkin)」の180mをちょっと上回る187m。



羽根の通過面積には「サッカーの聖地」ウェンブリー・スタジアムのフィールド部分がすっぽりと入ります。



羽根の直径は4.6mで……



ロンドン名物二階建てバスがそのまま中に入れます。



また、長さ80mはバス(8.38m)9台分に相当します。