間もなくシーズンが開幕するレッドブルエアレース。先日のキックオフミーティングでは、室屋選手から「2017年のチャンピオン獲得を目指す」と力強い宣言がありました。

1

また「レース中やトレーニングの「最後の最後」のところを、応援で折れそうなメンタルを支えて頂いてます」と、ファンの応援に感謝するコメントがありました。ミーティングの後、直接お話を伺える時間を頂けましたので、色々伺ってみました。

── 間もなくアブダビで開幕戦です。昨年は開幕の直前に色んな事が起きました(ルール改定、開発中のウイングレットが突然の使用禁止、レース直前に共通部品(Gセンサー)の変更・しかもそれが故障していた…など)。今年はルール改定もなく、驚くほど平穏に開幕を迎えようとされているように感じます。準備状況などはどうですか?

室屋:今の所なにも無い…という感じです。ですが、現地(アブダビ)入りしてから「何か」はありえると思っていて、油断しないようにしています。昨年の最終戦から多少期間が空きましたが、(チームとして)割と強い状態のまま開幕戦を迎えられるので、昨年の開幕より落ち着いている感じです。

── アブダビは、一昨年も旧機体(Edge540V2/現在、ポドランセック選手の機体)で予選3位、昨年も予選4位と室屋選手にとって得意なコースという印象です。

室屋:全体的にシンプルなトラックで飛びやすい(=易しい)印象です。開幕戦では、よりシンプルになるという傾向もあり、技量の差が出にくいようです。僕らはもうちょっとテクニカルなレイアウトの方が良いかなという感じはあります。

── 第2戦サンディエゴは、アメリカ(室屋選手の機体のワークショップがある)での開催。その際、第3戦千葉までの時間を使って大幅なアップデートを行うということでした。アップデートの方向性は、今の機体が得意な直線スピードを伸ばすのか、それとも旋回性能を引き上げるのか、教えて頂けますか。

室屋:メインはスピードを上げていく方向となります。具体的にはエンジンカウルの改良やエンジンの冷却システムのさらなる改善に重きをおいています。旋回性向上では新しいウイングレットの装着も検討していますが、装着すると速度低下のデメリットもあるため、今の所(ウイングレット装着は)五分五分です。

大きさとデザイン、装着・非装着について、トラックごとにシミュレーションを行っている所です。以前作った大きなものなら装着した方が速いのはわかっているのですが、認可が下りないため、そこまでのものが作れないのであれば作る価値があるのか、ということを含めて検討しています。機体のスピードが上がればオーバーGの可能性も上がりますが、現在はスピードを上げることがタイムに繋がりやすいと考えています。

── 今年、新しくミカエル・ブラジョー選手がマスタークラスに参加しますね。

昨年終盤に参加したボルトン選手も継続参戦と、今や年齢的(44歳)には真ん中より上となります。チャンピオンのドルダラー選手や2位のホール選手は当然注目しているのでしょうが、他に室屋選手が今年注目している選手は誰でしょう?

室屋:マルティン・ソンカ選手でしょうか。ここ一発のタイムには目を見張るものがあり、もう少し安定してくればかなり上位に来ると予想しています。

※実は、個別取材を待つ間にエアレース・アエロバティックに精通するおたくま経済新聞の咲村記者、エアレース中継の能勢雄一さんらと懇談の機会があり、そこでも最初に名前が挙がった注目の選手は「ソンカ選手」でした。昨年、千葉戦のファイナル4(決勝)で室屋選手と0.1秒差の接戦を見せ、2位だったソンカ選手。確かに無視出来ない相手です。

── では、今年は2009年組(マティアス・ドルダラー/マット・ホール/ピート・マクロードと室屋選手)の4名とソンカ選手を中心にシリーズ争いが展開していくと。

室屋:そう予測してます。

── 最後に、開幕に臨む今の心境をお願いします。

室屋:昨年と比べるとグッと落ち着いて、シーズンイン/アブダビ入りすることになると思います。タイトル獲得のためには、このペース・雰囲気を1年間キープするということに尽きると思います。あまり入れ込みすぎてアブダビで勝ったとしても、力尽きてはしょうがない。チーム全体(集中力を)キープしていくように、全員で心掛けながら続けていくいうことが重要だと思っています。

ライバルもホール選手がMXS-RからEdg540V3に乗り換え、チャンブリス選手は機体の大幅なチューニングを進めた模様です。唯一のMXS-Rとなったミカエル選手はラム選手から引き継いだ機体の外観を一新、レトロなカラーリングを採用したとの情報が入ってきています。

このように、他の選手も開幕に向けて着々とチューニングを進めているようです。しかし、室屋選手も昨年1勝したことで勝つことに対してのイメージがより鮮明となった印象を受けます。そして、油断は感じられませんでした。

間もなく始まる開幕戦から、室屋選手の表彰台が期待できそうです。今シーズンのスタートダッシュに期待しましょう!

(川崎BASE)

「速い機体をより速く」チューンナップする ─ 室屋選手の「レッドブル・エアレース2017」(http://clicccar.com/2017/02/02/440840/)