リドリー・スコット

写真拡大

『ブレードランナー』や、『エイリアン』などの名作で知られるリドリー・スコット監督が手掛けるヴァンパイア・スリラードラマのパイロットが、米FOXによりオーダーされたことが明らかとなった。米Varietyなどが報じている。

監督が製作総指揮を務めるドラマ『The Passage(原題)』は、人類を救う使命を与えられたエイミーという少女が軸となり、100年にわたってストーリーが展開される。2010年に出版されたジャスティン・クローニン作の同名小説が原案で、政府の陰謀を描くスリラーから、ヴァンパイアがはびこる世紀末的な世界にストーリーが転じるという。

本作で脚本を手掛けるのは、ドラマシリーズ『新・第一容疑者』でペンを執り、『マーシー・ホスピタル』でクリエイターを務めたリズ・ヘルデンス。彼女は、スコット監督とデヴィッド・W・ザッカー(『グッド・ワイフ』)、アダム・カッサン(『エンド・オブ・ウォッチ』)とマット・リーヴス(『エンパイア・オブ・エイプス』)と共に製作総指揮も担う。原作者のクローニンは共同プロデューサーを務めることとなっている。

スコット監督は映画界で活躍している印象が強いが、『グッド・ワイフ』や『NUM3ERS ナンバーズ 〜天才数学者の事件ファイル』、『高い城の男』といった人気ドラマシリーズで製作総指揮を務めている。(海外ドラマNAVI)