image: NASA / Adam Clark Estes


宇宙に旅立つ時、みんなが気になる疑問はただ一つ!

近い将来、核戦争やら気候変動によって世界が滅亡して、人類が他の星へ移動しなければならなくなる時、きっと私たちはこう思うでしょう。

宇宙でもビール飲めるの?

そんな疑問に答えようとしているのが、カリフォルニア大学サンディエゴ校の生徒たちです。インドのスタートアップ企業TeamIndusは、Googleがスポンサーをしている月面無人探査コンテスト「Lunar X PRIZE」の一環で100万ドルを受け取りました。そして彼らの宇宙船で行なう実験を公募し、サンディエゴ校のチームがファイナリストに選ばれたというわけです。TeamIndusも私たちと同様、酵母が月でも生き延び、発酵ビールを作れるのかどうかを知りたいのです。崇高な実験ですね。

【Lunar X-Prize】アポロ17号が月に残した探査車を探しにいくぞ!

提案されている実験は、まず地上で麦芽と水を混ぜた「麦汁」を実験用の特別な容器に入れるところから始まります。この容器は、酵母が糖分をアルコールに変える発酵プロセスと、発生する二酸化炭素を閉じ込めておくことでビールを炭酸にするプロセスに対応します。

カリフォルニア大学サンディエゴ校でナノエンジニアリングを専攻し、メカニックを担当しているSrivath KaylanさんはUCSDの公式発表にてこう説明します。


キャニスターには3つの仕切りがあり、一番上に麦汁が入り、その次の仕切りに酵母が入ります。実験装置の入ったローバーが月面に着陸すると、2つの仕切りの間のバルブが開いて混ざります。発酵が終わると第二のバルブが開いて、底に沈んだ酵母を一番下の仕切りに隔離します。


サンディエゴ校のチーム「Team Original Gravity」には他にも、PRとオペレーション担当のNeeki Ashariさんと醸造担当のHan Lu Lingさんが参加しています。


170125_spacebeer02_r.jpg

image: Erik Jepsen / UC San Diego Publications


宇宙の過酷な環境で醸造を行なうには、特定の菌株が必要になります。「酵母の生存能力は菌株によって異なります」と米Gizmodoに語ってくれたのは、Omega Yeast Labsの所長、Lance Shanerさん。彼は今回の実験に使用される酵母を生徒たちに提供しています。「生徒たちは、我々の所有しているHotHeadと呼ばれる酵母株を求めていました。この菌株は幅広い温度に対応できるため、環境や条件が予測しきれない状況に最適だったんです」とのこと。彼によれば、この菌株は16度から38度という広い温度域でおいしいビールを作ってくれるそうです。

また米Gizmodoでは、The Beer Sommelier LLCの創始者であり、ビール業界コンサルタントであるMatt Simpsonさんにもこのプロジェクトに関してコメントを求めました。「実験が失敗するとは思えません。発酵のプロセスで地上と唯一違うのが重力の有無であるなら、一般的なビール酵母(出芽酵母)は生存できるはずです」と彼は説明します。同時に、酵母が生存し増殖して発酵するにはある程度の酸素が必要だとも指摘していますが、もちろん容器には多少の酸素が入る予定です。またSimpsonさんによれば、低重力下では酵母が沈殿しにくいので、完成したビールは濁るかもしれないそうです。ともかく「その状況下で全く発酵しない可能性が見当たらない」とのことなので、世界初となる宇宙ビールの実現は期待できそうです。

TeamIndusは今年の12月28日に宇宙船を飛ばす予定で、Team Original Gravityは今も、他の24チームと実験スペースの座を巡って競い合っています。宇宙でできたビール、ぜひとも味わってみたいですね!


・ムーントピア! デザイナーやソーシャルプランナーたちが本気で考える実践的な月移住のコンセプト


image: NASA / Adam Clark Estes, Erik Jepsen / UC San Diego Publications
source: UCSD, Omega Yeast Labs, The Beer Sommelier LLC

Ryan F. Mandelbaum - Gizmodo US[原文]
(scheme_a)