園子温が選ぶ、日活ロマンポルノ3本

写真拡大 (全4枚)

新生ロマンポルノ『ANTIPORNO』の園子温監督が選ぶ、日活ロマンポルノ3選。

1971年に製作を開始し、1988年までの17年間の間に約1,100本もの作品が制作された成人映画のレーベル「日活ロマンポルノ」。その伝説的レーベルを現代にリブートした新作プロジェクトの中の1本、『ANTIPORNO』の園子温監督が選んだ日活ロマンポルノ3選は、池田敏春の傑作3本だ。

『天使のはらわた 赤い淫画』

人気シリーズ『天使のはらわた』第4弾。不本意にもビニール本のモデルになってしまった女が、恋人を失い、仕事も失い、大都会を彷徨しながら堕ちていく姿を描く。

監督:池田敏春
脚本:石井隆
キャスト:泉じゅん/阿部雅彦/伊藤京子/沢木美伊子/山科ゆり/栗田陽子ほか


(C) 日活

『スケバンマフィア 肉刑(リンチ)』※未DVD化 

池田敏春の監督デビュー作で、スピード感あふれる異色ロマンポルノ。家出をした女子高生のみきとハル子は、万引や売春など、好き勝手な青春をおくっていた。やがて、スケバンとマフィアの黒い影が、二人の背後に忍び寄ってくる。

監督:池田敏春
脚本:熊谷禄朗
キャスト:倉吉朝子/大崎裕子/渡辺とく子/朝霧友香/小川恵/鹿沼えりほか

『SEX HUNTER 性狩人』 

ダーティ・松本の劇画の映画化。将来を約束された新進気鋭のバレリーナが、元プリマドンナの仕組んだ罠により、肉欲に溺れる女に調教されていくさまを描く。

監督:池田敏春
脚本:掛札昌裕
キャスト:宮井えりな/太田あや子ほか


(C) 日活
SION SONO
園子温 1961年、愛知県生まれ。87年、『男の花道』でPFFグランプリを受賞。PFFスカラシップ作品『自転車吐息』(90)は、ベルリン国際映画祭正式招待のほか、30以上の映画祭で上映された。他『愛のむきだし』(08)で第59回ベルリン国際映画祭フォーラム部門カリガリ賞・国際批評家連盟賞を受賞、『冷たい熱帯魚』(11)で第67回ヴェネチア国際映画祭オリゾンティ部門・第35回トロント国際映画祭ヴァンガード部門、『恋の罪』(11)で第64回カンヌ国際映画祭監督週間に正式招待される。『ヒミズ』(12)では、第68回ヴェネチア国際映画祭にて主演二人にマルチェロ・マストロヤンニ賞をもたらした。近年の作品として、『TOKYO TRIBE』(14)、『新宿スワン』(15)、『ラブ&ピース』(15)、『リアル鬼ごっこ』(15)、『映画 みんな!エスパーだよ!』(15)、シオンプロダクション製作第1作目となる『ひそひそ星』(16)などがある。

『ANTIPORNO』
監督・脚本:園子温
出演:冨手麻美、筒井真理子、不二子、小谷早弥花、吉牟田眞奈、麻美、下村愛、福田愛美、貴山侑哉ほか
新宿武蔵野館で公開中。
http://www.nikkatsu-romanporno.com/reboot/antiporno/

ロマンポルノ・リブート・プロジェクト

日活ロマンポルノとは、1971年に映画会社の日活が打ち出した当時の映倫規定における成人映画のレーベル。「10分に1回絡みのシーンを作る」「上映時間は80分程度」などの一定のルールと製作条件以外、比較的自由に映画を作ることができたため、若手監督の登竜門的存在だった。1988年までの17年間に約1,100本もの作品を発表し、現在も国内外で高い評価を集めている。2012年に実施された「日活ロマンポルノ」特集上映は、若い世代や女性層など、これまでロマンポルノに触れる機会がなかった新しい客層の開拓に成功。これを契機に、日本映画界の第一線で活躍する映画監督5人が、これまでと同様の製作条件を引き継ぎつつ、現代ならではの新たな表現方法で歴史あるレーベルに新風を吹き込んだ。