2020年東京オリンピックでの競技に決まり、注目度が高まっているスポーツクライミング(※)。2017年シーズンの幕開けを告げるボルダリング・ジャパンカップ(以下BJC)が、1月29日・30日に東京・代々木第二体育館で開催された。1000人を超える観客が見つめた競技結果は、女子は14歳の伊藤ふたばが初優勝。男子は大会前日に勤務先のクライミングジムでセット作業をしていた藤井快が男子で初めてBJC2連覇を達成し、昨季W杯年間2位の底力を見せつけた。
※ スポーツクライミング競技は、5mほどの高さの人工壁に作られた課題を登った数で競う「ボルダリング」、12mほどの高さの人工壁にロープをかけながら登った高度を競う「リード」、高さ15mの人工壁に国際規格で定められた統一課題を登る速さを競う「スピード」の3種目がある

 今大会は男女を通じてU-20世代の選手の躍進が際立った。女子は優勝した伊藤が中学2年生、3位の森秋彩(あい)と6位の工藤花が中学1年生。決勝を戦った6選手のうち5選手が10代だ。男子も10代の9選手が準決勝を戦い、19歳の波田悠貴(BJC3位)、17歳の楢崎明智(BJC5位)が、初めて決勝戦に駒を進めた。

 こうした背景にはスポーツクライミング界がユース選手の強化に長年取り組んでいることがある。国際競技団体のIFSCのもと10代の選手を対象にした世界ユース選手権や大陸別ユース大会があり、IOCが主催するユース・オリンピックでも新たに実施が決まった。国内でも日本山岳協会が年代別国際大会の代表選考会を兼ねて、ユース選手を対象にしたジュニア・オリンピックカップ(リード)、全日本クライミングユース選手権(ボルダー&リード)などを実施している。

 IFSCルールでの大会が定期的にあることで、ユース年代の選手たちは競技継続のモチベーションを維持しやすく、大会ごとに課題を見つけ、克服に取り組み、成長していく。また、大会を数多く経験することで"場慣れ"することも、大舞台で怯(ひる)むことなく実力を発揮できる要因になるだろう。

 一方、20歳を超えた選手たちが出場できるIFSCルールでのボルダリングの国内大会はわずか1試合、このBJCしかない。年に一度の舞台であるがゆえに、モチベーション維持が難しい。社会人には仕事との兼ね合いという課題もある。

 だが、そうした状況ながらも、今大会に参加した女子59人、男子132人のうち、女子9選手、男子3選手の"オーバー30歳"が出場し、加島智子(13位)と川端彰子(18位)、中野稔(12位)が準決勝まで駒を進めた。岩場でのクライミング活動も盛んに行なう3選手にとって、スポーツクライミング大会に出場することに、どんな意義を見出しているのだろうか。

 「10代の頃は大会に出ることに努力は要らなかった。でも、確実にいまの方が大会に出ることへの"想い"は強いですね」と語るのは、都内のボルダリングジム・アンダーグラウンドで店長として働く川端だ。高校1年でクライミングに出会い、2004年のジュニアオリンピックカップ(リード)で1位になるなど、ユース年代の主要大会で数多く入賞したが、社会人になると5年ほどクライミングから離れた。それが4年前に"アングラ"が開店するのを機に「働かないか」と声をかけられ、クライミングに戻ることを決めた。

「ジムで働き始めるときに、コンペで成績をあげて名を売って、ジムでの収入以外にもセッターとしても他のジムから声がかかって稼げるようにならないとダメだなと思って。10代の頃はいつでも登れるという気持ちがあったけど、いまは生活が懸かっているから、やるべき時を決めて集中してトレーニングもできるようになりましたね」

 クライミングジムが急増するなか、クライマーたちの収入源のひとつになっているのが、ジムでの"セッター"という仕事だ。ホールドを外し、新たなホールドに付け替えながら課題を作っていく。藤井のように勤務先でセットをする場合もあれば、他のジムから呼ばれてセットに出向くこともある。ジム利用者に訴求できるだけの実績があれば、声はかかりやすい。

 川端は初出場した一昨年のBJCで25位、昨年は申し込み段階で落選。今回は12月に行なわれた予備予選に出場して38選手中4位で本戦の出場切符をつかみとり、本戦は準決勝に進出した。「準決勝の課題は、これまで味わったことのない体のすべてが持っていかれるレベルで、全部の力が足りなかった。年齢的にBJCに挑める回数は限られているので、1年をすごく大切にしながら、背水の陣的な気持ちで挑んでいきたい」と、すでに次を見据えている。

 中野は川端とは対照的に、「いまはエクストラステージという感じですかね。スポーツクライミングで目標にしていたリードでS級、ボルダリングでA級の日本代表を達成したので」という、一歩引いた視点でスポーツクライミングを捉えている。

 広島のクライミングジム・セロで正社員として働きながら、リード種目の国内第一人者として世界で戦ってきた。2015年にはリードW杯フランス・ブリアンソン大会で2位になるなど、リードでW杯年間10位。ボルダリングでもW杯中国・海陽大会で6位に入ったことで、それぞれの目標を達成した。

 リード、ボルダリングともに日本代表にはS、A、Bの順で格付けがあり、S代表はその年の1月1日時点でのW杯ランキングが10以内、A代表は前年W杯で決勝進出という条件がある。S代表やA代表を目指すには、ボルダリングなら、まずBJCで上位に入り、W杯出場権を得られるB代表にならなくてはならない。ただし、B代表は海外のW杯大会への遠征費は自己負担になる。親の援助がある10代選手と異なり、社会人選手ではこの障壁がネックになり、海外でのW杯出場を諦める選手も少なくない。

 中野は家族やジムの協力でそれを乗り越えたが、再びそこを目指すには躊躇(ためら)いがあるのかもしれない。岩場をメインにした活動に移行する道もあるなか、それでも大会に出場する理由をこう話す。

「肉体的な衰えも感じ始めているので、いまのうちに岩場で(最難関のグレード)5.15Aの課題を数多く触りたい気持ちもある。仕事もあるし、家庭もあるし、小学生の子もいる。東京や大阪の大きなジムに遠征して、最新のホールドを触ったり、トレーニングしたりするのは難しい。だけど、そうした状況のなかで、いまの自分がどんな成績を残せるのかを見たい気持ちですね。以前のように目標を設けてというより、目の前の一戦だけ。まずは3月のリードの日本選手権。その先はそのときですかね」
 
 川端や中野をはじめ、トップクライマーの多くが10代でクライミングを始めるなか、加島は20代半ばでボルダリングと出会い、人生が一変した選手だ。鍼灸師の仕事をすぐに辞め、クライミングジムに転職して没頭。スノーボードのハーフパイプをしていた運動能力の高さと相まって、瞬く間に実力を伸ばした。BJCは初出場した2012年が17位。その後は10位、4位、5位、昨年は2位となった。
 
 今大会は初日の予選こそ全体3位で通過し、昨年後半からの指の故障を感じさせないパフォーマンスを見せたものの、準決勝では持ち味を出せずに終わった。

「すごくいい刺激を受けましたよ。森秋芽ちゃんは去年からの1年で、これほど成長したのかあと思うと、私もまだまだ成長したいって意欲が沸きました。年齢はだいぶ違うんですけど、登っている年数なら大差はないので」と、中学生の躍進に驚きながらも、さらなる自らの可能性の追求に意欲を見せている。

 加島は過去3年続けてBJCで上位成績を残し、日本B代表に名を連ねてきたが、W杯の出場は2014年W杯中国・重慶大会と、2016年W杯埼玉・加須大会しかない。昨年のW杯は初めて準決勝に進むなど、場数を踏めば好成績を残す可能性を秘めているものの、遠征費や仕事の問題が立ちはだかる。加島にとってBJCの成績が、世界での戦いに一直線に続いていないと知りながらも出場を続けるのは、なぜなのか。

「私は大会を楽しむというよりも、自分の進化を楽しんでいるんですよね。だから、勝ち負けじゃなくて、課題を登れなかったことが悔しいし、まだまだ足りない部分があるって発見があるとテンションも上がる。自分が登れなかった課題を、ほかの人がどう登るかを見るのも、勉強になるから好きだし。大会だけを目標にしているわけではなくて、岩場もジムも大会もローカルコンペも全部をひっくるめたクライミングが、私が成長するための糧っていう感じなんです」

 スポーツクライミングに限らず、スポーツというものはルール上の公正が保たれているが、体格や年齢、能力だけではなく、環境や経済力などは不平等なものだ。恵まれない選手は、恵まれた選手が決して見ない障壁をいくつも超えなければならない。スポーツクライミングではその現実を知りながらも、オーバー30たちが各自の決意や覚悟を秘めて大会に挑んでいる。

 昨年に続いてボルダリングW杯は今年も日本で開催される(5月6日・7日、八王子)。W杯の出場資格は、開催年の誕生日で16歳になる選手からになるため、中学生の伊藤や森、工藤が世界と戦う姿はお預けとなる。また、開催国枠として18名が出場できるため、日本山岳協会が昨年と同じ選考基準で派遣選手を決定すれば、加島、川端、中野の30代3選手が選考される可能性は高い。1年を待たずに訪れる公式戦の舞台で、彼らがどんなドラマを見せてくれるのだろうか。

津金一郎●文 text by Tsugane Ichiro