56分に先制点を挙げた大久保。これで波に乗った横浜FCが3点を奪って福岡に勝利した。写真:小倉直樹(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

「JリーグDAZNニューイヤーカップ」宮崎ラウンドは2月2日、KIRISHIMAハイビスカス陸上競技場で横浜FC対アビスパ福岡の一戦が行なわれ、横浜FCが3-0で快勝した。 試合は前半、今季1年でのJ1復帰を目指す福岡がペースを掴んだ。新加入の石津やターゲットのウェリントンを軸に押し込み、ゴールに迫っていく。10分にはウェリントンの落としを受けた石津がシュートを放つが、これはGKのセーブに遭ってしまう。さらに12分、亀川のクロスにウェリントンがヘディングシュートを放つが、枠を外れた。 その後もチャンスを掴んだ福岡は、山瀬、亀川などがシュートを放つが、ゴールには至らず。結局、前半を0-0で折り返した。 後半に入ると横浜FCも反撃に転じた。56分には、左サイドに抜け出した田所のクロスを走り込んだ大久保が合わせ、ゴールネットを揺らす。横浜FCが先制点を奪う。 70分にはジョン・チュングンのシュートのこぼれ球に反応した野村が押し込み、横浜FCが追加点。2-0とリードを広げた。 福岡は残り15分から登場した邦本がスタンドを沸かせるプレーをたびたび見せるが、ゴールを奪うまでには至らない。逆に横浜FCは90分、セットプレーのチャンスを掴み、ナ・ソンスの蹴ったボールがそのままゴールネットを揺らし、3-0とする。 結局、後半にペースを掴んだ横浜FCが3-0で快勝。プレシーズンとはいえ、福岡は決定力に課題を残す結果となった。  

PHOTO【NYC宮崎ラウンド】横浜FC3-0アビスパ福岡