メディアジーンが運営するクラウドファンディングサイト「machi-ya」で支援募集中のスマホと連動して理想的な水分補給をサポートするウォーターボトル「moikit gene」。

ストローを使って水を飲むときに、センサーへ流入する空気の量を測定することで、±5mlの精度で飲んだ量を測定・記録してくれるIoTなウォーターボトルです。

データをスマートフォンのmoikitアプリと連携させることで、1日の水分補給を分析し、もっと飲んだほうが良い時間帯などをリマインドしてくれます。


68C30AB8-BAD7-11E6-B57A-442CCD8206F8-image-c6d5f9fb3356e22d64d26aa2209f66ef8ae7fcd4ce23c912a87a5f0bf0f1c0c7_R.jpg


サントリー水大辞典によると、水分は喉が渇いたからと適当に飲むよりも、1日の必要量(約1.5リットル)を1回コップ1杯程度(150〜250ミリリットル)の量で、1日に6〜8回に分けて小まめに飲んだほうが良いと言われています。

なので、Moikit geneのIoTパワーに頼れば、疲労回復や健康維持に一役買ってくれるというわけです。


IMG_4433_Rss.jpg


ちなみにmoikit geneは、多くの新製品が発表され、プロトタイプも展示されるCES(コンシューマー・エレクトロニクス・ショー)2017にも参加。用意したすべてのサンプルは最終日終了までに完売したそうです。

プロジェクトも残すところ1週間。執筆時現在、目標金額に対して128%の支援が集まっており、約80人のIoTやスポーツ好きの人たちが期待を寄せているようです。
関連記事
・「今、水飲んだほうが良くない?」と、水分補給を管理してくれるIoTスマートボトル「Moikit GENE」
・運動は週1回30分でOKな高地トレーニング。その効果と水分補給がカギになる理由を教えてもらいました


source: machi-ya, サントリー水大辞典

(ロバーツ町田)