昨季限りで現役引退の深井正樹、古巣・千葉の普及コーチに就任

写真拡大

 ジェフユナイテッド千葉は1日、2008年から13年まで所属したFW深井正樹氏が普及コーチに就任すると発表した。

 2003年に鹿島アントラーズでプロデビューを飾った深井氏は、アルビレックス新潟、名古屋グランパス、千葉、V・ファーレン長崎、SC相模原でプレーし、昨シーズン限りで現役を引退。Jリーグ通算318試合50得点を記録している。

 深井氏はクラブ公式チャンネルを通じて、「2016年に現役を引退して、ジェフに戻ってきました。普及部の一員としてスクールやイベントを中心に活動しますので、僕と一緒にサッカーを楽しみましょう。よろしくお願いします」とメッセージを発表している。