写真提供:マイナビニュース

写真拡大

マツダは2日、新型「CX-5」の予約受注台数が、発表・予約開始となった2016年12月15日から2017年1月31日までの約1カ月半で9,055台になったと発表した。月間販売計画台数は2,400台であり、好調な立ち上がりとなっている。新型「CX-5」は本日発売となる。

「CX-5」は新世代商品の第1弾として、「SKYACTIV技術」とデザインテーマ「魂動(こどう) - Soul of Motion」を初めて全面的に採用し、2012年2月に発売。今回、新世代商品群で初のフルモデルチェンジとなり、ドライバーだけでなく同乗者も含めた「すべてのお客さまを笑顔にするSUV」をキーワードに、いまのマツダが持つデザインと技術のすべてを磨き上げ、あらゆる領域で「走る歓び」を深化させたクロスオーバーSUVに仕上げた。

同社の発表によると、グレード別の予約受注構成比は、本革シートを採用して上質さを際立たせた「L Package」が49%、先進の安全装備を充実させた「PROACTIVE」が47%。ボディカラーでは、彩度や深みを増して「魂動」デザインの造形を質感高く際立たせた新開発の「ソウルレッドクリスタルメタリック」が31%、「機械の持つ精緻な美しさの追求」をテーマにリアルな金属質感を実現した「マシーングレープレミアムメタリック」が17%となった。

2016年12月15日から2017年1月9日までの期間に開催されたプロトタイプ先行展示イベントの来場者からは、「インテリアの質感が高い」「大人の印象になったエクステリアデザインが魅力的」「新色のソウルレッドクリスタルメタリックが艶やかで美しい」などの声が届いたという。

(木下健児)