【詳細】他の写真はこちら

自宅内でもポルシェを感じられるサウンドバー

ポルシェといえば、いつかはポルシェ?ってぐらい憧れのブランド。でもその車体はお値段の高さもあり、なかなか入手できません。はぁ、空冷ポルシェ911が欲しいなぁ……。そんな僕と似た憧れを持つ人に朗報です。

なんと、ポルシェ911の車体の一部を利用したサウンドバー『911サウンドバー』が誕生しました!

この『911サウンドバー』には、ポルシェのガチのスポーツモデルこと『ポルシェ911 GT3』のメインサイレンサーとエンドパイプが採用されています。もう音を鳴らす前から、ポルシェファン垂涎のデザイン。ああ、実際に見てみたい触れてみたい……。

『911サウンドバー』は、2.1チャンネルのバーチャルサラウンドシステムとなっており、このメインサイレンサー部とテールパイプ部がサブウーファを担っています。なんて贅沢なサブウーファーなんでしょう。



ポルシェの実際のパーツを利用したプロダクト『ポルシェ ドライバーズセレクション マスターピース』として登場した本スピーカー。公式の案内によれば、「究極的なサウンドと全知覚にアピールするポルシェ体験が可能」らしいです。とにかく、究極のポルシェ体験が楽しめることは間違いないでしょう。

スピーカーの仕様は、出力200Wで、「DTS TruSurroundバーチャライザー」に対応。タブレットやスマートフォンとBluetoothで接続可能です。リモコンも付属。本体サイズは74×28×32cm、重量が19kgとなっています。



そして気になる価格ですが、やはりポルシェ製品は格が違います。希望小売価格は38万3400円(税込)。2月10日に全国のポルシェ正規販売店で発売予定となっています。



これは高いのか、安いのか……でも『ポルシェ911GT3』のメインサイレンサーとエンドパイプを使っていると思えば、そんなに高くないのか……。憧れのポルシェに思いを馳せる人も、自慢のポルシェのサウンドを身近に感じたい人も。『911サウンドバー』はユニークな体験を届けてくれるはずです。

文/塚本直樹

関連サイト



ポルシェ・デザイン(『911サウンドバー』紹介ページ)

関連記事



この棒で驚異の臨場感。アップグレードも楽しいBoseのサウンドバー『SoundTouch 300』誕生

ド迫力! ランボルギーニのロゴが輝くスピーカーシステム『ESAVOX』が吼えるぜ

家じゅうの音楽を一台で聴く! Bluetooth、Wi-Fi、ハイレゾ対応で2万円切りの無線スピーカー『LS150』