中には結婚後を意識し、片方が通帳を渡して、もう片方が金銭的な管理をするという同棲カップルもいるかもしれません。うまくいけば良いのですが、お金のトラブルというのは、後々別れにも繋がってしまう問題であるのも事実です。同棲でのお金トラブルを減らすにはどうすれば良いのでしょう?お金の問題について、同棲カップルにおすすめのアイディアをご紹介します。

生活費の折半や費用ごとに分けるのが同棲の基本?





費用をしっかり半分にしている、もしくは水道光熱費や住居など費用項目ごとに分けるというのが、同棲カップルの多くが実践していることでしょう。特に費用負担を平等にするということで、生活費や家事を公平にできるというのは大きなメリットです。さらに、若いカップルの場合は、遊ぶお金、自由に使えるお金をお互いに欲しいと考える人も多いと思いますので、生活費の折半というのは、理に適った考え方だと言えます。

また、何かのきっかけで同棲を解消してしまう可能性だってありますよね。そんなときに、どちらかが多く負担していると、別れ際にもトラブルのもとになります。生活費を半分ずつ負担することのメリットかもしれません。

生活費の折半はカップル次第が実際のところ…





同棲している彼氏、彼女、どちらもフルタイムで働いているにもかかわらず、給料が2倍違うという場合はどうでしょうか。ここで折半にしてしまうと、どちらかの自由に使えるお金が極端に少なくなって、生活自体に余裕を持てなくなってしまう場合だってあります。そうなれば、生活環境からケンカが増えてしまう場合もあります。場合によっては、生活費を折半にするということにこだわる必要もないでしょう。家事などを多くやる分、家賃は多くだしてもらう、などカップルの間でしっかりルールを決めるとうまくいくでしょう。

お金について不安がある場合は、大切なことなので同棲前にしっかりと話し合っておきましょう。折半が難しい場合は、明確に金額を決めるのではなく、2人の口座を作って、お互いに決めた一定のお金を毎月入れて、2人で管理するのも同棲生活を円滑にするためのアイディアですね。



同棲カップルは、生活費を折半したり、費用ごとに分担したりしているケースも多いですが、必ずしも例にならってお金の分担をする必要はありません。お互いの状況を考えて、同棲前にしっかりと話し合ってルールを決めて気持ち良く過ごせる環境を作ることが大切です。お互いの負担方法についてしっかり決めていくと良いでしょう。