写真提供:マイナビニュース

写真拡大

Net Applicationsから2017年1月のデスクトップOSシェアが発表された。1月はWindowsがシェアを減らし、MacとLinuxがシェアを増やした。バージョン別に見ると、WindowsではWindows 10のシェアが増加し、Windows 7やWindows 8はシェアを減らしており、Windows 10への移行が継続していることがうかがえる。また理由は不明だが、1月はWindows XPのシェアが微増している。

2016年1月のシェアで、Windows 10のシェアは25%を突破した。MicrosoftはWindows 10のプロモートを積極的に進めており、同社の取り組みが継続して効果を上げていることがわかる。ただし、シェアが減り続けているとはいえ、Windows 7のシェアは47%を超え、そしてWindows XPのシェアはいまだに9%を超えている。Windowsは特定のプロダクトが長期にわたって使われる傾向があり、サポートが終了したにもかかわらずWindows XPは強いシェアを確保し続けている。

(後藤大地)