写真提供:マイナビニュース

写真拡大

LINEと同社の兄弟会社であるワークスモバイルジャパンは2月2日、LINEアプリと繋がるビジネス・コミュニケーション・ツール「LINE WORKS」を提供開始した。1ユーザーあたりの利用料金は月額300円から。

新サービスは、従来ワークスモバイルが提供していた「Works Mobile」のサービス名を変更すると共に、LINEと相互接続可能な機能を追加したもの。

企業内のコミュニケーションの円滑化に加え、LINE WORKSとLINEがシームレスに繋がることで、企業担当者と顧客との間の円滑なコミュニケーションが可能となるという。

特に、顧客との密接なコミュニケーションが欠かせない業種や業務においては、サービス・レベル向上や業務効率化、マーケティングの一貫性実現を期待できるとしている。

同サービスは、スマートフォン・PCの双方で同じ機能が利用可能。また、業務での利用を支えるセキュリティと管理機能を備えるとし、日本国内のデータセンターからサービスを提供すると共に、日本語のサポート体制を用意している。

トーク機能は、LINEを踏襲したユーザー・インターフェースを備え、写真・動画・ファイル・位置情報を容易に共有できるとしており、無料で音声・ビデオ通話も利用できる。

さらに、組織やアドレス帳と連動する「トークルーム」や、情報の伝達漏れを防ぐための既読メンバーの個別確認機能など、法人向け特有の機能を備えるという。

標準装備するLINEスタンプで思いや気持ちを伝えることで、チームワークの強化に繋がるとしている。

また「外部トーク連携」機能では、企業内に加えてLINEを利用している顧客やLINE WORKSを利用している取引先にもメッセージを送信でき、セキュリティを保ちながら、よりスムーズなコミュニケーションが可能という。

料金プランは以下の通り。金額はいずれも1ユーザーあたりの月額。

(山本善之介)