1日、韓国・イーデイリーによると、長崎県対馬から盗まれた金銅観世音菩薩坐像が当分の間、韓国政府によって保管されることになった。この報道に、韓国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられている。

写真拡大

2017年2月1日、韓国・イーデイリーによると、長崎県対馬の観音寺から盗まれた金銅観世音菩薩坐像が当分の間、韓国政府によって保管されることになった。

韓国の文化財窃盗団が5年前、対馬から盗み韓国に持ち込んだ観世音菩薩坐像に関し、韓国浮石寺が「仏像は浮石寺から盗まれたもの」とし、所有権を主張した裁判で、先月、大田地裁第12民事部が、浮石寺の所有物と判定し、(浮石寺への)返還を認める判決を下したことに、韓国政府は即日控訴すると共に強制執行の停止を申請していたが、これが認められた。

これを受け、政府側の立場で手続きを進めていた検察は、「韓国国民が盗んだものを、韓国のものという事ができるのか、国の立場からするとあいまいな点がある」とし、「愛国心という面では、日本に返すのが嫌なのは分かるが、法理的に見ると浮石寺には不利な面がある」と説明した。

今回の裁判所の判断に、「盗んだ事が明らかなものだ。日本に返還しろ」「とにかく日本から盗んだ事は事実なんだから、一旦は返すのが筋」「本当に韓国の仏像なんだったら、正式な手続きを経て、返してもらうことが道理だ。盗んできたことが分かっていながら返さなかったら、国際社会で笑いもの」など肯定的な意見が多く寄せられた。その一方で、「検察は日本側に寝返ったのか」「どこの国の検察なんだ」など、批判の声もあった。(翻訳・編集/三田)