まだまだ寒い日が続いていますが、お店や雑誌をみると「春物」がチラホラ。そうなると気になるのが「体型」ですよね……。冬の間、ぶ厚い洋服で隠れていたけれど、薄着になると「お腹が」「太ももが」と悩みが全開に! そんな冬太りを悪化させるファッションがあることをご存じでしょうか? 今回は着ているだけでどんどん太ってしまう冬ファッションをご紹介します。

着ているうちに「太っちゃう」危険な冬ファッション4選

食べる、出不精、冷えだけが冬太りの原因ではありません! 実はファッションだってデブを悪化させる原因になっているのだそう。どんなファッションが太りやすくなってしまうのか、女性たちの声と一緒にチェックしてみましょう!

1: スカート✕タイツ

冬の間は「防寒」のためにタイツや腹巻きなどを着るために「スカート」を選ぶという方も多いはずです。「パンツよりラインが目立たないから、こっそり重ね着できるし」「タイツをはいてもゴワゴワしないから動きやすい」と冬はスカート派の方も。でもスカートは体型が隠れる分「太ったことに気づきにくい」というデメリットが……。

「久しぶりにデニムを履いたら、パンパンでファスナーが閉まらなかった」(31歳/会社員)

「冬の間、スカート×タイツばかりでした。この前、久々にパンツを履いたら『あ、私冬太りしたんだ』と実感(笑)」(29歳/メーカー勤務)

体型の変化がわかりにくくなるため、知らないうちに「どんどん太っちゃう」こともあるので要注意です。たまにはパンツを履いて体型の変化チェックを!

2: ゆったりニット

今年はオーバーサイズのニットが流行したので「ゆったりしたニット」を好んで着ている方も。動きやすいし、中に着こめるし、体のラインも隠せるしとイイコトばかりに見えますが、スカートと同じく「体型の変化」を見過ごしてしまうアイテムなのです。

「ゆったりニットを着て中に着こむ毎日を送っていた私。ある日、シャツを着たらおなかまわりと腕まわりがパンパンに。知らない間に太っていた!」(28歳/美容師)

「体のラインが隠せる分、太ったことも見てみぬふりしちゃう……(笑)」(30歳/IT関連)

着心地は最高ですが、体型もカバーできるがゆえ「太った自覚なし」になり、どんどんおデブになってしまうことも!? こちらも注意したいですね。

3: ヒールの高い靴

着太りするから「ヒール高め」で全身のバランスをとろう! と着やせコーデを考えることもありますよね。でも高いヒールのパンプスやブーツを履いていると、窮屈になった足元の血行が悪くなり、冷えが進行して太りやすい体質になってしまうのだとか!

「着太りしちゃうからヒールが高いパンプスでごまかしていたら、足の冷えが悪化して太もものセルライトも目立つようになった」(31歳/主婦)

「ヒールが高いブールやパンプスばかり履いていると、足が冷えて血行が悪くなるそうです」(28歳/エステティシャン)

ときにはヒールをお休みしたり、靴を脱いで足首をブラブラと動かしたり、足の指をグーパーと閉じたり開いたりすると、血行をアップさせると効果あるそうです!

4: 寒くても素足

寒い冬でも「ストッキングはダサい」「素足の方がおしゃれ」と思っている素足派の方も太りやすくなる傾向があるそうです! 足元の冷えは全身の血行不良につながりやすく、代謝が悪くなり太りやすくなるといわれていますよね。

「パンツに素足スタイルで、足が太くなった気がします」(27歳/アパレル関連)

「以前はストッキング=ダサいと思い素足で頑張っていましたが、冷えるし、太りやすくなったし、卒業。今はストッキングやタイツを履く方がおしゃれですよね!」(32歳/美容師)

アラサーは「素足がおしゃれ」と思いこんでしまいがちなので要注意。実は男性も「素足は痛々しい。タイツとかストッキングの方が好き」という方が多いみたいです! 足元を冷やさないように気をつけたいですね。

冬の定番ファッションがデブを促進させる原因になっているかもしれません! モデルさんは毎日体型の変化を記録しているという話ですが、冬服は体型の変化を見過ごしやすいので注意しておきたいですよね。春に向けて冬太りを悪化させないために、こんなファッションに気をつけてみるのもダイエットの一環といえそうです!