「第15回全日本国民的美少女コンテスト」開催発表会見に出席した武井咲

写真拡大

オスカープロモーションが主催する「全日本国民的美少女コンテスト」の「第15回大会」概要説明会が都内のホテルで行われ、同コンテストの出身である武井咲、剛力彩芽、河北麻友子、吉本実憂、高橋ひかるが出席した。

【写真を見る】左から高橋ひかる、剛力彩芽、武井咲、河北麻友子、吉本実憂

第1回大会より30年の節目を迎える今大会。「全日本国民的美少女コンテスト」はこれまで、武井、剛力の他、米倉涼子、上戸彩らを世に送り出してきた女優・モデルの登竜門的コンテスト。

記念すべき今大会では、2月3日(金)から5月2日(火)まで、テレビ・ラジオ・雑誌・インターネット・携帯電話などあらゆるメディアを通して幅広く応募を呼び掛ける。

第11回大会モデル部門賞・マルティメディア賞をW受賞した武井は「私の時は履歴書を送るタイプだったんですけど、履歴書の自分の写真をいかにキレイに撮るか、すっごいキレイなおうちの玄関の前で、いかにも自分の家のように撮って(笑)、送った記憶があります。ハウジングセンターに遊びに行った時に、ここで撮れば『私の家に見えるかな』と。それで受かったのかもしれない(笑)」と当時を振り返った

「本番で初めてメークをしてもらって衣装を着せていただいていつもの自分じゃない、キレイにしてもらったことがすごくうれしかった記憶があります」とコンテストでの思い出を語った。

デビューして良かったことについては「誰でも経験できることではないことをやらせていただけると思いますし、自分がやりたかったお仕事に一歩一歩近づいていけますし、ファンの皆さんがいてくれて。自分が目標とする女優さんに近づくことができるので、好きなことをやらせていただける、本当に楽しい世界だと思います」と周りの環境についても明かした。

将来後輩となる“美少女”に向けて武井は「アドバイス? 強化合宿…あるかどうか分からないんですけど、しっかり育ててくれる事務所なので、まっさらな気持ちでこのコンテストを受けてもらえれば、見てくれる人は必ずいると思うので」とエールを送った。