朝にエンジンがかからない人は、とことん夜更かしを満喫せよ

写真拡大

「仕事にやる気が出ない」「もっと頑張らなくては」──。こんな悩みを抱えている人は多いのでは。今大ブームのアドラー心理学は、無理に頑張らなくても、自分のやる気を引き出せる方法を教えている。やる気をなくしてしまった7つの症状別に「やる気が湧く行動習慣」を紹介していく。

■(5)夜行性型

■お気に入りのお笑い番組を観る

ビジネスパーソンには朝型が合う人もいれば、夜型のほうがいい人もいるだろう。生活習慣や体質によるところもあるから、本来は各自が自分に合った働き方を選べばいい話かもしれないが、多くの会社員は9〜17時といったように日中の勤務が固定されているので、できれば朝からやる気がみなぎっていたいはずだ。

夜更かしの習慣をなかなか変えられずに朝起きるのが辛い人は、まず眠りの質をよくしたい。そのとき気をつけるべきは、寝る前の時間の過ごし方。

あるとき行動イノベーションの専門家である大平信孝氏の下に、ソファでしか寝られないと相談に来た人がいた。毎晩、ソファで仮眠をとるうちにそのまま一晩寝てしまい、そのクセがどうしても抜けないという。ソファはベッドほど寝心地がよくないため、眠りは浅く、常に寝不足で日中にやる気が出ないという悩みを抱えていた。そこで大平氏がアドバイスしたのが、寝る前の状態を変えることだ。

脳科学によると、人は寝ている間、寝る前の状態を再生しているという。たとえば、「明日の企画会議の準備が足りない。どうしよう」といった不安を抱えたまま眠りにつくと、「どうしよう、どうしよう」が数時間ずっと繰り返されることになる。これでは質のよい眠りが得られない。

そこで、たとえば翌日に企画会議を控えた晩なら、プレゼンがうまくいって、自分の企画が事業化されているといったいちばんいいイメージをしながらワクワクして床につくといい。日中は誰しも多忙を極めているだろうが、寝る前のほんのひととき、穏やかな時間を取り戻すだけで、睡眠の質が高まり、結果的に仕事のパフォーマンスも上げられるのだ。

自分でいい状態をイメージするのが難しければ、録画していたお気に入りのお笑い番組を観るなど、外からの楽しい刺激を利用するのもいい。少しでもいい気分、楽しい気分に浸ってから眠りにつくことを習慣にしよう。すると眠りの質が高まり、さわやかな目覚めを得られるだろう。

ただし、質の高い眠りを確保しても、元来夜行性だとどうしても日中うとうとしてしまう人もいるかもしれない。そんなとき、書道家の武田双雲氏は「いっそのこと、昼寝をしたら」とアドバイスする。「15分ぐらい昼寝するだけで、すごく気持ちいいし、ぼんやりした頭をリセットできる」。

とはいえ、デスクに突っ伏して寝るのはさすがにはばかられる。そこで、ひと気のない会議室や社食の一角など、社内で安心して昼寝できる場所をあらかじめ確保しておこう。

■とことん夜更かしを満喫するのも手

いっそ、朝はエンジンがかかりにくいと割り切って、重要な仕事は午後に回すという手もある。

「夜型のタイプの人は、仕事を些細なことと重要なことに分けたらいい」とはアドラー心理学を使った研修やカウンセリングで定評のある岩井俊憲氏。朝はどうせ勝負できないと割り切って、午前中はメールチェックなどの些細な業務に充てる。企画書作成など重要な業務は、集中力の増す午後から夕方に配し、一気に勝負に出るのだ。

朝型だろうが夜型だろうが、一日中フルスピードで走り抜けられる人などいない。誰しも緩急つけながら、一日のペースをつくっている。夜型の人は、朝は正々堂々、思いっきりのんびりスタートする。「朝に弱くて……」と言い訳する必要はない。

最後に、アドラー派の心理カウンセラーでもある小倉広氏に、夜行性型についてアドラー流の解釈を聞いた。「早く起きて朝からバリバリと行動を開始したいといいつつ、でもできないという人は、実は早起きなんてしたくないだけかもしれない」。「やりたいけどできない」のは、要は「やりたくない」のだ、というのがアドラー流の発想の基本だ。

こうしたジレンマに陥っている場合、選択肢は2つある。一念発起して朝型に切り替えるか、逆に、開き直って夜型の生活を認め続けることだ。小倉氏は「夜更かしが本当に好きなら、後ろめたく思わず、徹底して夜更かしを楽しむのもいい。いちばんよくないのが、『やめたいのにやめられない』と自分にウソをつくこと。そうすると常に自己否定を続けることになり、どんどんやる気が損なわれていく」という。これだけはやめたほうがいいというわけだ。

----------

大平信孝(おおひら・のぶたか)
アンカリング・イノベーション代表取締役。目標実現の専門家。独自に開発した「行動イノベーション」により、日本大学馬術部を2度の全国優勝に導くなど活躍。
 
武田双雲(たけだ・そううん)
書道家。東京理科大学理工学部卒業。3歳より書道家である母に師事し、書の道を歩む。約3年間のNTT勤務を経て書道家として独立。独自の創作活動で注目を集める。
 
岩井俊憲(いわい・としのり)
ヒューマン・ギルド代表取締役、中小企業診断士、上級教育カウンセラー、アドラー心理学カウンセリング指導者。カウンセリング、カウンセラー養成や公開講座を行う。
 
小倉 広(おぐら・ひろし)
小倉広事務所代表取締役。組織人事コンサルタント、アドラー派の心理カウンセラー。リクルート、ソースネクスト常務、コンサルティング会社代表取締役を経て現職。
 

----------

(小島和子=文 大沢尚芳、榊 智朗=撮影 教えてくれる人:大平信孝、武田双雲、岩井俊憲、小倉広)